滝の名前 青垂の滝(雄滝)
滝の写真
所 在 地 岐阜県高山市丹生川町久手
滝へのアクセス 五色ヶ原の有料ツアーに参加する
必要有り。全行程約8時間。
滝との密着度 滝壷まで行ける。
滝を見た時
の感激度
☆☆☆☆☆

〜コ メ ン ト〜

青垂の滝(雄滝)大きく2段に分かれて落ちている滝で

上段が直瀑、下段が分岐瀑となっている。(つまり直瀑と

分岐瀑と段瀑をミックスしたような滝)はるか彼方から

落ちてくるかのような滝で、その落差、姿、背後の岩盤等

すべてが芸術的で素晴らしい。滝壺からだと上段の落差は

大したことないように思えるが、遠望すると上段部分も

実はかなりの落差であることがわかる。すぐ近くに雌滝

あるが、雄滝、雌滝を一望できる場所がないのが非常に

残念な点である。しかしながら知名度こそないものの、

雄滝雌滝ともに素晴らしい滝であることには違いなく、

百選銀河・流星の滝米子大瀑布震動の滝にも

決して劣らない名瀑であると言えるだろう。

トップページへ戻る
前のページへ戻る