滝の名前 清五郎滝(第二の滝)
滝の写真
所 在 地 三重県紀北町海山区相賀
滝へのアクセス 車を停めてから40分程度で到着。
滝との密着度 滝壷まで行ける。
滝を見た時
の感激度
☆☆☆☆☆

〜コ メ ン ト〜

清五郎滝(第二の滝)落差120mといわれている滝。

実際には180mは下らないのではないか?通常滝は

実際に観た時に言われている落差よりも小さく感じて

ガッカリすることを考えれば稀有な存在であるといえる。

なぜこの日本を代表すると言っても決して過言ではない

名瀑が今まで何の注目も脚光も浴びずに野に埋もれて

いたのか理解に苦しむ。滝は十数段に分かれて落ちる

段瀑で、上段の三段は大きく跳びはねながら、下段の

三段は最終的に二股に分かれて滝壺へと落ちている。

いずれにしてもこの滝は下手な解説は不要なほどで

(一目観ればわかるはず)有無を言わさぬ圧倒的な

存在感と落差を誇る日本有数の滝であることには

間違いない。尚、この滝は滝壺から見上げるアングル

と落口付近からはるか谷底まで滝が落ちていく様子を

見下ろすアングルの2つがあるが、両方共に観ようと

するとまるで違うアプローチとなるため、移動だけで

3時間近く掛かる「やはり」とんでもない滝である。

トップページへ戻る
前のページへ戻る