トップページへ戻る
墓 所 名 安徳天皇陵(隠蓑)
お墓の様子
所 在 地 福岡県北九州市小倉南区隠蓑

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年

清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年

7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては

三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河

上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常

事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々

としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった

壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して

亡くなったとされている。しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝

行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされて

いることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して

生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説と

ともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされる

ものが十数ヶ所あると言われている。この隠蓑に伝わる伝承

によると、壇ノ浦で入水したと伝えられる安徳天皇は、平氏の

公卿に伴われて門司の田ノ浦に上陸、松ヶ江を越え長野

城主を頼り、2〜3ヶ月隠れていたが、城主が亡くなったので、

英彦山に向かって城を出たという。横代を通り隠蓑(当時は

城野村)まで来た時、村は名も無き庵寺の屋根葺替えの

最中であったが、源氏の追手が追って来るのを知った村人は

同情し、有り合わせの茅や藁などの蓑を持って天皇を隠し、

上から藁しび等を着せかけ気付かれぬようにし、それにより

天皇一行は逃れることができたといわれているという。(現地の

北九州市による隠蓑の説明板より)しかしながら、説明板では

天皇一行はこの地よりさらに逃れたと記されているが、現地の

看板ではすべて「安徳天皇御陵・隠蓑」と表記されている。

この地で没したとの伝承もあるのであろうか?


※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る