トップページへ戻る
墓 所 名 安徳天皇陵
お墓の様子
所 在 地 鳥取県三朝町中津

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年

清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年

7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては

三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河

上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常

事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々

としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった

壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して

亡くなったとされている。しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝

行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされて

いることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して

生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説と

ともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされる

ものが十数ヶ所あると言われている。この中津に伝わる伝承に

よると、一ノ谷の合戦後、安徳天皇、二位の尼、平知盛らは

屋島に向かわずここ中津に落ち延び、平家再興を期すも、

安徳天皇は建久4(1193)年3月に17歳で崩御したという。

現在でも中津には安徳天皇陵と二位の尼の墓とされる

ものが残されていて、近くには「馬留」「市の仮屋」「京都」

「朕原」「天子ヶ仙」「二位の山」など、平家にちなんだ

地名が多いという。また、伝説によれば「一ノ谷の合戦に

負けた平家の武将の一人、滝口次郎時貞は、命に従い

平通盛夫人の乳母とともに、平家の守護仏『普賢菩薩』

を奉じて、播州中津の港よりこの地に来たりて仮の庵を

たてる」と伝えられており、その故をもって中津の普賢

菩薩と言い伝えて、いつしか村の号になったという。

それにしてもここ中津は『まさに』秘境だ…。隠れ里という

言葉がこれほどしっくりとくる場所も珍しい。人気はまったく

ない。おそらく超限界集落なのだろう。。。空き家が多く、

朽ち果てた家屋も多い。そう遠くない将来廃村になって

平家落人伝説を語り継ぐ人はいなくなってしまうのでは

ないかと思わずにはいられない。。。胸を締め付け

られるような景観が広がっている。。。


※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る