2011年5月30日に和泉国の一之宮である大鳥

大社
を訪ねたことにより、私は日本全国の

一之宮を訪ね終えることができました。

しかしながら、私には訪ね終えたという実感も

なければやり遂げたという達成感もありません

でした。というのも、
旧国の中には複数の

神社が一之宮を名乗る国が少なからずあり、

私はそれらをすべて訪ねたわけではなかった

こと、真夜中に訪ねて真っ暗な中で参拝した

神社が少なからずあったこと、雨の中で

訪ねたり、年末年始などに訪ねたために

仕方のないこととはいえ、正月飾りや大勢の

参拝客などのためにロクな写真を撮ることが

できなかった神社が少なからずあったこと、

山頂が本宮とされている神社についても訪ねて

いなかったこと
などがその理由です。また、

大鳥大社を訪ねる前に摂津国の一之宮である

住吉大社を訪ねたのですが、その際に「ふと」

それぞれの旧国の一之宮を訪ね歩いている

中で、私はそれぞれの神社に祭られている

御祭神のことを意識したり考えたことがなく、

それでは
あまりにも片手落ちではないか?

これまでやってきたことは一体なんだったんだ?

と思ってしまったことなどもあったからです。

よく考えてみると神社とは
「実によくわからない

存在」
です。そもそも私たちは神社を訪ねた

時に
何に頭を下げ、何に柏手を打って、何に

お願いをしているのだろうか?
もっともそんな

ことは考えたことがない人の方が大多数かも

知れませんが、私はまさにあと大鳥大社

訪ねれば日本全国のすべての一之宮を訪ね

終えることができる!そんな最後の最後の

タイミングでこれまで自分がしてきたことは

一体なんだったんだ?と思ってしまったわけ

です。大鳥大社の参拝を終え、大阪から

神奈川県の自宅に帰るまでの間、なぜ

私は一之宮巡りをしてきたのか?それは

どういう意味があったのか?結局のところ

何のためだったんだ?というようなことを

ずっと考えながら帰りました。正直、なぜ

一之宮巡りをはじめたのかは自分でもよく

わかりません。が、いつの頃からか自分の

意思で日本全国を旅するようになると

同時に、訪ねたその行く先々でそれぞれの

国の一之宮を訪ねることは私の中では

ごく自然と当たり前のことになっていました。

理由なんてありません。あえて探すとする

ならば
日本人としてのDNAがそうさせたんだ

というべきだと思います。いずれにしても

その日は何ともいえない脱力感に包まれ

ながら家路に就いたのでした。


結局、その後、現在までに山頂が本宮と

されている神社を除き(もちろんこれらの

神社も里宮には参拝しています)、すべての

一之宮(複数の神社が一之宮を名乗って

いる場合にはそれらすべて)を日のある

明るいうちに訪ねることができました。ロクな

写真がない一之宮についても再訪問を

繰り返して、何度も何度も朝一ダッシュを

してすべての神社で
「誰も写っていない

境内の写真」
を撮り終えることができました。


なぜ、そうまでして神社に行くのか、神社を

訪ねた時に何に頭を下げ、何に柏手を

打って、何にお願いをしているのか?と

いうのは未だに結局よくわかりませんが、

深夜や早朝などの誰もいない境内の


ピーンと張り詰めた緊張感のある

雰囲気や、けがれのない清々しさに

畏敬の念を持つ
、それがたまらなく

好きなのは今も昔も変わりません。

かの西行も伊勢神宮を訪ねた際に

「なにごとの おはしますかは 知らねども 

かたじけなさに 涙こぼるる」
という歌を

詠んだとされています。
言い得て妙だとは

思いませんか?


前のページへ戻る

トップページへ戻る

古くて実は新しい一之宮