前のページへ戻る

トップページへ戻る

佐竹

ちゃ

切り文字
『日本全国・国分寺跡を巡る旅』
国分寺は天平13(741)年に聖武天皇によって

出された「国分寺建立の詔」により、律令制度下に

おける全国68ヶ国に建てられた僧寺と尼寺から

なる寺院のことである。これらはあわせて

「国分二寺」と呼ばれたが、やがて七重塔を

有し大規模な伽藍をもつ僧寺が「国分寺」と

呼ばれるようになった。