トップページへ戻る
墓 所 名 安徳天皇陵(来見山陵墓)
お墓の様子
所 在 地 大阪府能勢町野間出野

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年

清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年

7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては

三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河

上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常

事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々

としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった

壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して

亡くなったとされている。しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝

行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされて

いることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して

生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説と

ともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされる

ものが十数ヶ所あると言われている。この能勢に伝わる伝承

によると、壇の浦の合戦に敗れた安徳天皇は藤原経房らに

連れられこの地に逃れてきたが、わずか11ヶ月で亡くなった

とのことである。以上は文化14(1817)年に当地の藤原経房の

子孫とされる旧家辻勘兵衛宅の屋根葺き替えの際に、棟木に

吊るした竹筒から発見された「経房遺書」によってその事実が

知られることとなったもので、発見された当時は、幕府をはじめ

全国的な話題となったものである。『里見八犬伝』の作者・滝沢

馬琴は、遺書を見たいと2年間思い続けてやっと写本を見る

ことができ、これは誰か物好きが書いた小説であろうとした。

本居派の国学者伴信友も、誰が何のために「かかるあとなし

ごとの偽妄文作り出したりけむ、いと憎し」と云っている。

しかし、上方の文人木村蒹葭堂(2代目)は「土地の有様や

遺書にある人物の子孫など、よく符合している」と擁護して

いる。私は、偶然にもその藤原経房の直系28代だという

方にお逢いすることができ、ご自宅にまでお招きいただき、

色々とお話を伺うことができた。壇の浦合戦のことをまるで

昨日の出来事のように話すのが非常に印象的だった。

帰り際にそこまで平家落人伝説を調べているなら是非本を

出して下さいと言われ気を良くして別れた。もう絶版に

なって手に入らない本も一冊譲っていただくことができた。


※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る