滝の名前 矢原大滝(下不動滝)
滝の写真
所 在 地 三重県亀山市安坂山町
滝へのアクセス 車を停めてから1時間30分程度で到着。
滝との密着度 滝壷まで行ける。
滝を見た時
の感激度
☆☆☆

〜コ メ ン ト〜

矢原大滝。落差100mとされる鈴鹿山中最大の滝。黄金色に

光る岩盤を伝うように優しく流れ落ちてくる滝。実際の落差は

60m〜80mくらいか。(但し、滝壺からだと上段部分の大きさが

よくわからず、超遠望すると上段部分はかなりの落差がある

ように見えるので、本当は100m以上あるのかも知れない)

この滝に至るにはルート不明瞭な上に沢登り、徒渉を繰り

返すことを余儀なくされる。さらに嫌がらせのナゾナゾの

ように沢は5股以上に分岐する。私も最初間違った沢を

遡上してしまい大変な目に遭った。尚、この滝に行くため

には最後に落差35mくらいの前衛滝(一の滝)を巻く

必要があるのだが、巻くというよりはほとんど直登なので

かなり怖い。(降りる時にメガネを落として無くして

しまったが、命を落とさずによかった…) 結局、帰りも道に

迷ってしまい大変な思いをした。多分、迷わずに

真っ直ぐに行ければ1時間半くらいでたどり着けるんだと

思う。よくケガも遭難もせずに帰ってきたと思う。尚、この

滝は常時水量が乏しく気持ち程度しか流れていない

ことがほとんどらしいので、訪ねるタイミングが非常に

難しい滝であるといえる。

トップページへ戻る
前のページへ戻る