トップページへ戻る

 
花ぞ散る 思へば風の 科ならず
 
 時至りぬる 春の夕暮



  作者 : 少弐政資



  意訳 :
   花が散るのは風のせいではない。
   ただ春の夕暮れ時に散るべき
   時期が来ただけなのだ。


心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る