トップページへ戻る
墓 所 名 元使塚
お 墓 の
様 子
所 在 地 神奈川県藤沢市片瀬
3−14−3(常立寺)

〜コ メ ン ト〜

元使塚は文永の役(1274年)の翌年に元より降伏勧告に

使わされ、龍の口で斬首された正使・杜世忠、副使・

何文著、通訳・徐賛ら五人の元使の供養塔と伝えられて

いるものである。杜世忠は元から我が国に使わされた

通算七度目の使節であったが、それまでのように北九州

の大宰府ではなく、本州最西端の長門国の室津に上陸

した。その目的は京都または鎌倉に直接到達しようと

するものであったろうと推測されるが、日本側にとって

使者が北九州ではなく、長門に直接やって来たことは

少なからず脅威を感じることになったことは想像に

難くない。もしも元軍が長門に直接襲来したら、九州と

本州の武士が分断されることになるからである。幕府は

早速、長門に探題を置き、周防・安芸・備後の四ヶ国に

警固番役を負担させるなど再度の蒙古襲来にそなえ

させた。このような中、杜世忠たちは7月21日に鎮西を

たち、都を通らずに鎌倉に直接護送された。しかし

ながら、それは元使の使命を達せしめようとしたもの

ではなく、その言上を聞くこともなく、鎌倉幕府の執権・

北条時宗の命によって杜世忠以下五名は9月7日に

龍の口で斬首された。こうして徹底抗戦するとの

断固たる決意を示した幕府は、再び蒙古襲来が

あった場合には、受けて立つとの宣戦布告を内外に

表明し、のちに再度、蒙古襲来を受ける(弘安の役)

ことになったのである。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る

蒙古軍撃退の
立役者たちの
墓を訪ねるの
ページへ