トップページへ戻る
墓 所 名 安徳天皇陵(鞠ケ奈呂陵墓・
越知陵墓参考地)
お 墓 の
様 子
所 在 地 高知県越知町横倉山

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年

清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年

7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては

三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河

上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常

事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々

としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった

壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して

亡くなったとされている。しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝

行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされて

いることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して

生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説と

ともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされる

ものが十数ヶ所あると言われている。尚、四国では屋島の

合戦で身代わりを立てられた安徳天皇が知盛以下の平氏

一門に護られて四国に上陸、四国山地を横断するように苦難の

潜幸を続けたという伝説・伝承が各地に根強く残されている。

この横倉山に伝わる伝承では、阿波山城谷城主・田口成良に

迎えられた安徳天皇が以後、「かずら橋」で知られる阿波国

美馬郡東祖谷山で最初の行在所を造営したあと、土佐国に

入り、西熊山・御在所山・宮古野・平家平・稲叢山・越裏門・

椿山・別枝都と行在所を構えながら潜幸し、最終的に横倉山

に辿り着いたとされる。横倉山は要害の地であり、この地方を

治めていた修験道の先達・別府氏の支援もあったため、山頂に

行在所に造営しここを安住の地とした。行在所の近くには

練武場、蹴鞠場なども作り、下の天の高市には住居を二十五戸

作って、近郷豪族・里人の救援・補給のもとに生活をするように

なり、これを別府の都と呼ぶようになった。しかしながら、安徳

天皇は正治2(1200)年8月8日に病のために23歳で崩御した

という。平知盛は安徳天皇の亡骸を山上に奉葬するとともに、

山頂に玉室大神して奉祀したといわれている。現在でも横倉山

には陵墓をはじめ、鞠ヶ奈呂・弓場・御殿場・御馬場・的堂・

遠城戸など実に多くの安徳天皇ゆかりの地名・古跡や平氏

一門80余名の墓と称される古墳・塚・小祠などが残されて

いるなど、安徳天皇潜幸説を単なる伝説・伝承と一笑に

付せないものがある。


※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。

 ※宮内庁に指定された安徳天皇の陵墓参考地は、ここ以外にも 
 
鳥取県の宇倍野陵墓参考地、山口県の西市陵墓参考地
 
 長崎県の佐須陵墓参考地、熊本県の花園陵墓参考地 
 
の4ヶ所がある。 

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る