トップページへ戻る
墓 所 名 安徳天皇陵(佐須陵墓参考地)
お墓の様子
所 在 地 長崎県対馬市厳原町久根田舎地内

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年

清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年

7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては

三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河

上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常

事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々

としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった

壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して

亡くなったとされている。しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝

行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされて

いることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して

生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説と

ともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされる

ものが十数ヶ所あると言われている。尚、各地に残る平家落人

伝説や安徳天皇潜幸説は民間伝承として伝えられてきた

ものが多い中、この対馬の安徳天皇潜幸説は鎌倉時代から

江戸時代まで33代・約600年間、対馬の島主であった宗氏

自らが安徳天皇の末裔であると名乗っているところが、他の

伝説・伝承地とは決定的に様相を異にしている。江戸時代に

撰集された「宗氏家譜」では宗氏の祖を平知盛の遺児・知宗

とし、その長子を宗氏の初代・重尚としている。さらにいつの頃

よりか宗氏の祖を安徳天皇とする説が流れた。宗家第三十三

代・義和、第三十四代重正は自らが安徳天皇の直系である

とし、「対馬島誌」では『宗家は、その始祖を平知盛という。

清盛の娘・徳子姫は高倉天皇の后として迎えられたが、

一説によると子供がなくて、知盛の子「知宗」を養子として

迎えて天皇の位につかせた。即ち安徳天皇である。壇ノ浦の

合戦で難を逃れた安徳天皇は、門司側に上陸し、さらに

英彦山の山奥黒川谷に身を隠される。名も鬼王丸と称され、

武藤氏のもとで養育される。やがて成人後、島津家より后を

迎えて、惟宗判官知宗として、福岡県福間池田島村に

宗像城を築く。その後、三島の地頭代となり、長男・重尚

総大将として対馬の海賊討伐に派遣する。対馬を平定

した重尚は、対馬内山村を安住の地とし、宗氏を名乗る。

これが対馬宗家の初代・重尚である』としている。そして

対馬を平定した重尚が、筑前吉井から安徳天皇を迎い

入れ、御所を営んだのがこの久根の地で、天皇は建長3

(1251)年4月5日に74歳で崩御したと伝えられていると

いう。しかしながら、これらの説はいずれも信じるに足りず、

現在では宗氏は平安時代以来大宰府の官人であった

惟宗氏の支族が、12世紀頃、対馬の在庁官人となり、

鎌倉時代に対馬国を含む三州二島の守護・地頭だった

大宰小弐(武藤)氏の対馬国守護代(地頭代)となり、

次第に実権を握り、武士化して宗氏と称したものだと

いうのが定説となっている。


※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。

※宮内庁に指定された安徳天皇の陵墓参考地は、ここ以外にも
鳥取県の
宇倍野陵墓参考地
山口県の西市陵墓参考地
高知県の越知陵墓参考地熊本県の花園陵墓参考地
 の4ヶ所がある。 

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る