トップページへ戻る
墓所名 安徳天皇陵(西市陵墓参考地)
お墓の
様子
所在地 山口県下関市豊田町地吉

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、

翌年清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2

(1183)年7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに

際しては三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると

後白河上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つ

という異常事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と

共に西国を転々としたが、文治元(1185)年、源平合戦の

最終決戦となった壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を

共にし、海中に没して亡くなったとされている。しかしながら、

『醍醐雑事記』に「先帝行方不明」とあり、『玉葉』でも

「旧主御事、分明せず」とされていることなどから、実は

安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して生き延びたという

伝説・伝承が西日本には平家落人伝説とともに各地に

残されていて、全国には安徳天皇陵とされるものが

十数ヶ所あると言われている。この地吉に伝わる伝承に

よると、壇ノ浦の戦い後に三種の神器を懸命に探す源

義経が、壇ノ浦近隣の漁師や海女を動員して大捜索を

実施したところ、大津郡三隅町沢江浦の網引き漁師の

弥吉と甚兵衛の底引き網に安徳天皇の亡骸が掛かった。

しかしながら、宝剣は不明であり、源氏方は亡骸を網の

まま御棺に移し漁師とともに運んでいると、この場所で

籠が動かなくなったため、この地に安徳天皇を埋葬した

と伝えられている。尚、この籠が動かなくなった場所を

「御籠立場」といい、網を掛けた場所は「網掛けの森」と

呼ばれている。また、網を洗った池では烏賊が生き返り、

淵の深みに入っていった言われていることから「烏賊ヶ淵」

と呼ばれていて、さらに安徳天皇の御衣の穢れを洗い

清めた池は「御衣洗い池」と呼ばれている。この御陵では

昭和55(1980)年の木津川ダム建設が終わるまでは、

例年4月24日にダム建設により水没した七十軒の人々

により「先帝祭」が執り行われてきたという。詩吟や舞が

奉納され、にぎやかな神事であったといわれている。


※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。

※宮内庁に指定された安徳天皇の陵墓参考地は、ここ以外にも
鳥取県の
宇倍野陵墓参考地
高知県の越知陵墓参考地
長崎県の佐須陵墓参考地熊本県の花園陵墓参考地
 
の4ヶ所がある。 

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る