トップページへ戻る
墓 所 名 吾平山上陵(鵜葺草葺不合
(ウガヤフキアヘズ)の陵墓)
お墓の様子
所 在 地 宮崎県高千穂町三田井

〜コ メ ン ト〜

瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の孫で、彦火火出見尊(ヒコホホ

デミノミコト)
の子である鵜葺草葺不合(ウガヤフキアヘズ)

の陵墓。母は海神の娘・豊玉姫で、母の妹である玉依姫を

妻とし、五瀬命(イツセノミコト)・神日本磐余彦尊(カム

ヤマトイワレビコノミコト)(=神武天皇)を生んだ。名前は

母が海辺に産屋をつくり、鵜の羽で屋根を葺こうとしたところ

葺き終わらないうちに生まれたことによるという。尚、吾平山

上陵とされるものは鹿児島県の鹿屋市宮崎県の西都市

(松本塚古墳)
宮崎県の宮崎市(吾平神社)宮崎県の

日南市(鵜戸陵墓参考地)
宮崎県の日南市(吾平津

神社)
など他にも複数の伝承地がある。


※神代三山陵の考察についてはこちらをご覧下さい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る