主な伝染病の感染経路・感染期間

感染経路

感染期間

備考

登校・登園の目安

ヘルパンギーナ

飛沫(気道)、経口
(飛沫感染が主)

咽頭:2〜3日
便:2〜4週

不顕性感染が多い

解熱して元気になるまで

手足口病

飛沫、経口

数日〜1週間の自然経過で治癒
便:2〜4週

不顕性感染が多い

伝染性紅斑
(りんご病)

飛沫

カタル症状4〜5日
発疹期はウイルス排出なし

妊婦は接触を避ける

登校・登園 可

溶連菌感染症

飛沫、接触
(飛沫感染が主)

有効治療開始後24時間まで

発疹を伴うものあり

治療開始後24時間を経て、全身状態が良く主治医が登園、登校してさしつかえないと認めたとき

流行性嘔吐下痢症

経口、飛沫
(経口感染が主)

症状のある間
(便中にウイルス排出)

流行は冬に多い
(ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスなど)
下痢便が白くなることあり

主症状がほとんど消失し主治医が登園、登校してさしつかえないと認めたとき

マイコプラズマ肺炎

飛沫

発病前1週から
発病後1〜3ヶ月

かぜ症状程度のことあり

伝染性膿痂疹
(とびひ)

接触

病変持続期間

夏に多い

登校・登園 可。他者への感染防御が必要

アタマジラミ

接触

虫卵を一斉駆除が必要

伝染性軟属腫
(みずいぼ)

接触

登校・登園 可。水遊び禁止の必要なし

登校・登園 可

         出典:保育所・幼稚園園児の保健/改訂保育所・幼稚園園児の保健(日本医師会編集)

主な伝染性疾患の登校・登園の目安

インフルエンザ

解熱した後、2日を経過するまで

百日咳

特有の咳が消失するまで

麻疹(はしか)

解熱した後、3日を経過するまで

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

耳下腺の腫脹が消退するまで

風疹(三日はしか)

発疹が消失するまで

水痘(みずぼうそう)

すべての水疱が痂皮化するまで

咽頭結膜熱(プール熱)

主症状が消失した後、2日を経過するまで

                       出典:保育所・幼稚園園児の保健(日本医師会編集)