おひなさま(立体)



見たい折り順のボタンをクリック!
(フラッシュのプラグインが必要です)
雄雛、雌雛で色を変えてつくりましょう。途中まで同じ折り方です。
おひなさま

折り紙の 大きさ



折り順フォト

折り順

[共通部分]

1,2 3 4
「つるおりのもと」→「つるおり」を折る。 折り下げる。裏も同じ。 左から右へひとつ組みかえて、下端を斜め上に折り開く。

(開く方を下にする)

5 6
右から左へくみかえて、4と同様に。 組みかえ戻して、(顔を出す部分用の)切り込みを入れる。

[雄雛]

7 8
左から右へひとつ組みかえて、端を少し折る。組みかえ戻す。 反対側も同じように。
9 10 11
両翼を斜め下に折る。 下端を上に折って、切り込みに入れる。(顔の部分を出す) 下端を折り上げる。(着物の長さの調節) 形を整えて出来上がり。

[雌雛]

7 8 9
左右を中心に折り合わす。 両翼を斜め下に折る。 下端を上に折って、切り込みに入れる。(顔の部分を出す)
10 11  
上端を後ろへ折る。(顔の部分を作る) 下端を折り上げる。(着物の長さの調節) 形を整えて出来上がり。  
着物の長さは、雌雛の方を長めにすると十二単の雰囲気がでます。

屏風(びょうぶ)や雪洞(ぼんぼり)を作って飾りましょう。

三人官女や五人囃子も作ると賑やかになります。


折り順フォト

共通部分

雄雛

雌雛

Mica Male Studio
(c) MicaMale Studio
studio@m.memail.jp