ヨハン・シュトラウス年譜

とき できごと
1825年 10月25日 音楽家ヨハン・シュトラウス一世と宿屋(居酒屋という説もある)の娘、アンナ・シュトレイムのあいだに長男として誕生。
1827年 8月20日 次男、ヨーゼフ誕生
1830年   祖父のアパートで「最初の楽想」(作品番号なし)を作曲。母親がそれを譜面に写す。
1835年 3月15日 三男、エドゥアルト誕生。
1836年   ショッテン・ギムナジウムに入学。
1843年 4月14日 父ヨハン・シュトラウスの最大のライバル、ヨーゼフ・ランナー没。
1844年   父ヨハン・シュトラウスと母アンナ、正式に離婚。
10月15日 ヨハン・シュトラウス2世はヒーツィングの「ドムマイヤー・カジノ」でデビュー。
1846年   父ヨハン・シュトラウス「宮廷舞踏会音楽監督」に就任。
1848年   ウィーン革命勃発。父は「ラデツキー行進曲」(作品228)を作り、皇帝派とみなされる。息子は革命派に属し、「革命行進曲」(作品54)「自由の歌」(作品52)などを作曲し、市民から喝采を受ける。
1849年 9月25日 父ヨハン・シュトラウス没。息子のヨハンは父の楽団を受け継ぐ。
1853年   多忙のためヨハンが病に倒れる。弟ヨーゼフが代役としてシュトラウス管弦楽団を指揮。
1856年   ロシアの鉄道会社との契約でヨハンはパブロフスクで演奏会を開く。
1859年 2月5日 三男のエドゥアルトが指揮者としてデビュー。
1862年 8月27日 歌姫イエティ・トレフツとヨハンが結婚。
1863年   父と同じく「宮廷舞踏会音楽監督」に就任。
1864年   ジャーナリスト協会の勧めで、パリのオッフェンバック作曲のワルツ「夕刊」に対抗して、ヨハンはワルツ「朝刊」(作品279)を作曲。
1867年   ウィーン男性合唱協会がヨハン作曲のワルツ「美しく青きドナウ」(作品314)を初演。同年パリの万博においてオーケストラで初演し、大成功を収める。この年、ワルツ「芸術家の生涯」(作品316)も作曲するなど、立て続けに優れたワルツを発表。
1868年   ワルツ「ウィーンの森の物語」(作品325)、「雷鳴と電光」(作品324)、弟ヨーゼフとの合作「ピチカート・ポルカ」など作曲。
1870年 2月3日 母アンナ没。
7月 次男ヨーゼフ没。
1871年 2月10日 最初のオペレッタ「インディゴと40人の盗賊」を初演して成功する。
1872年   アメリカのボストンで開かれた「アメリカ独立100年祭」のビッグ・コンサートに出演。弟のエドゥアルトが「宮廷舞踏会音楽監督」に就任。
1873年 3月1日 オペレッタ「ローマの謝肉祭」をアン・デア・ウィーン劇場で初演。
1878年 4月7日 最初の妻イエティ没。同年5月28日、歌手(俳優?)志望のアンジェリカ・ディットリヒと再婚。
12月18日 オペレッタ「目隠し遊び」をアン・デア・ウィーン劇場で初演。
1880年 10月1日 オペレッタ「女王のレースのハンカチ」をアン・デア・ウィーン劇場で初演。
1881年 11月25日 オペレッタ「愉快な戦争」をアン・デア・ウィーン劇場で初演。
1882年   アンジェリカがヨハンの元を去る。
1883年 10月3日 オペレッタ「ヴェネツィアの一夜」をベルリンで初演。
1885年 10月24日 オペレッタ「ジプシー男爵」をアン・デア・ウィーン劇場で初演。
1887年 8月15日 ドイツのコーブルグで、銀行家の未亡人アデーレ・シュトラウスと3度目の結婚。
1889年 10月21日 ワルツ「皇帝円舞曲」(作品437)をベルリンで初演。
1892年 1月1日 オペレッタ「騎士パスマン」を宮廷歌劇場で初演。
1893年 1月10日 オペレッタ「ニネッタ公妃」をアン・デア・ウィーン劇場で初演。
1894年   デビュー50周年記念祭が開かれる。
10月12日 オペレッタ「ヤプカ」をアン・デア・ウィーン劇場で初演。
1897年 3月13日 オペレッタ「理性の女神」をアン・デア・ウィーン劇場で初演。
1899年 6月3日 肺炎をこじらせ、ヨハン・シュトラウス没。
1916年 12月28日 三男エドゥアルト没。