情報BOX


シュトラウス・ピアノ・エディション発売開始
(主にエドゥアルト・シュトラウスの未録音作品を収録したCD)


 当協会の発足当初、シュトラウス・ピアニストとして活躍し、現在米国在住の小田川隆朗氏(Otagawa Takaaki)が英国ヨハン・シュトラウス協会とのコラボでレコーディングを始めました。 エドゥワルト・シュトラウスのいまだ一般に紹介されていない未録音の約200曲を録音する予定で、すでに3巻が完成しています。(3巻の曲目リストはこちらをご覧ください)

 エドゥワルトの作品は兄のヨハン、ヨーゼフに劣らず魅力的なのに、なぜか不当に低く評価され続けて来ました。これを聴かないでいるのはシュトラウス一家の愛好家としてあまりにも勿体ないことです。ヨハンやヨーゼフのようにフルオーケストラで全曲を聞くことが当分望めない現在、このプロジェクトは貴重な試みかと思います。

 小田川氏の演奏は、ウインナワルツ特有の三拍子のリズムの取り方をはじめ、テンポや節回し、強弱の付け方すべてに亘って「シュトラウスになっている」と多くの関係者が絶賛しています。聴いていて曲の途中で違和感を覚えることがまったくなく、最後まで自然と耳に心地よく届くのです。

 詳しい内容およびCDの購入に関しては下記のウェブサイトをご覧下さい。
www.StraussPianoEdition.com

 CDは1枚US$10+郵送費です。PayPal Checkoutでクレジットカードでの支払いが可能です。

(2014年1月記載)

トップページへ戻る