■操作手順




 

アイコンをクリックすると「SonarLanchr」が起動

@ メイン画面SONARが起動します。
A 組み合わせの異常を見つけるESPERが起動
B  人気「さんちゃん」 マネーポイントが決め手
D マニアに人気の地方版(全国利用OK)です。
E 地方版ESPERです。組み合わせが異常が解ります
F 地方の出走表取得アプリです。(全国利用OK)
G Club JRA-Net が起動します。
H 開かなくても即、入出金・残金照会が一発


1.ポンプアップでカレンダーUP .日付をクリック    3.開催データ取得
  (カレンダーを競馬当日にして右側上の「出馬」からの取得も簡単です)

2.日付、@A とB前日データ(出走表) をクリック。

再度、Aを押すと中山・京都がでます。レース番を押してください。

  オッズを取るまではこれでOK
セキュリテイでブロックのかかる場合は解除。1〜2秒後に開催場とレース番号
が表示されます。
場名・レース番号を指定すると。予想得票率順の出走表が表示されれます。 
前日の午後7時からこの前日に出走表を取得することができます。
注意:データラボで前の日にオッズを取得してはいけません。表示されないので
意味が無い。
    そして、オッズがオーバーで、当日「インデックスが・・・」のエラーになります。
当日を立ち上げ出走表を表示する(または出走表を取得) 
午前8時頃から取得しでもOK。 SONARの表示は8:30分頃から表示されます。

右下の「オッズ取得」をクリックして「JVDDown」というオッズダウンロードを立ち上げる
●DataLabの方はオッズが入る午前8時過ぎからでいいでしょう。9時からでもいいです。夜取るとエラーになります
サーバーは8時過ぎから稼働させます。
次に設定でデータラボかサーバを選択。 データラボはサーバ1。当社のサーバ使用
のかたはサーバ1をまたはサーバ4をマーキング。ここからオッズ・スカパー推奨・
変更情報などを取得してください。





後は実行を押すと下記のようにカウントダウンを始めます。


基本的には『DataLabなら、朝8時過ぎに仕掛ける』だけです。
あとは何も触ってはいけません。レースが近づくと短い間隔で取得します。
 
仕掛けてからSONARは1回目のオッズを取得してから表示。
(CTやα・β・γなどのオッズ間の変異を見るのは複数必要)
 
ESPERは正常表示されるのは1時間かかります。 それだけです。
 
※注意
夜中にオッズを取ると、エラーになります。
 
実行時エラー’9; インデックスが有効範囲にありません。これは
オッズのエラーです。 このような場合は
 
C:uma>dat>20200524 ← このオッズを削除   
             
そしてサーバー取得で全部取得したら、DataLbに切り替えて、オッズを追加していく。 
これだけです。

 午後1時等の途中から参加の場合はサーバー仕様で、「実行」して「直前」を押す。 
 これで直近のレースを分析できます。頃合いを見て、DataLabに切り換えると
 フレッシュなオッズが入ります。
●次に「締め切り案内」を起動する。
 ↓




基本的な設定(管理人)

朝から競馬が出来ず、途中から自動オッズ取得でデータラボを使用する人は、
最初にサーバー使用の直前で時系列オッズを一通り取得してからJVDDownを
一端終了させて、再度立ち上げ、設定でデータラボ、サーバ1で実行。

締め切り直前のレースから参加できますね。サーバ−使用の方も途中から
参加の方は直前を押すだけですね。

ん、ご希望のものを郵送します。




トップへ
トップへ
戻る
戻る