ふたりはプリキュアSplash☆Star感想
〜滅びのパーティ〜

ドロドロン   「ねぇ、みんな揃ったんだしぃ、景気付けにみんなで、パーっとやらないのかな…」
キントレスキー「それもいいか、よし、私がうまいものを調達してやろう。」




…で、ダークフォールに並べられる、大量のパン…

カレハーン  「これが『カレーパン』か、…プリキュアめ!私をこんなものと間違えるとは、… 
         うむ、意外と悪くないな……、いくつか種類があるのか…」
モエルンバ  「おお!釜の炎で焼き上げたパン、美しいぜアミーゴ!」
カレハーン  「こら、お前は触るな!!、折角のパンが焦げるだろうが!」
モエルンバ  「俺の情熱は、それくらいじゃ止められないぜ、チャチャチャ!

ドロドロン   「あのー、皆さん…もっと…、仲良く、分け合って、食べませんか…、」

シタターレ   「パーティというから、どんなのが出てくるかと思えば、貧相な食事ですこと!」
         (でも結構おいしいじゃない…、前に《海で》稼いだ『緑の郷のお金』、《縁日で》ちょっと使って
         残りをゴーちゃんにあげちゃったのよね。まだ持ってるかしら?)
キントレスキー「これもなかなか、こっちも悪くない…、これはどうか…」




4人は我先にと、パンを口に入れ、小脇に抱え…
4人はきびすを返して、別々の方向へ去っていった





ドロドロン   「あのー…僕のパン…ないんですけどぉ…」




かれっちが「中辛がオススメ」と言ったのは、多分、こういうエピソードがあったからだとw




戻る