ハートキャッチプリキュア!感想
〜ハートキャッチプリキュアの経済学〜




2010年11月にハートキャッチプリキュアの経済学の話がありました。



ぷりきゅあ経済学  ハートキャッチ編  投稿者:あるくびゅーず


ハートキャッチも登場人物がそろってきたので通例(?)の経済学を。

つぼみ
花咲家は、いわゆるブルジョワ階級です。
花屋の経営状態はわかりませんが、少なくても両親は草花に関するバイオテクノロジーに長けており、知識だけなら大学での講義を望まれるほどです。
まぁ、それと経営は全く違う話なのですが。
母親は花の商社「レッドフローリアン」に勤務していた経歴から、顧客を捕まえているでしょうから固定客もおそらくいるはずです。
この手の販売ものは商社ではなく、人につくものですから十分に考えられます。
また、そのレッドフローリアンとの関係も良好なら、大手商社からの受注もあり得るでしょう。
現在のところ、破たんする様子もありませんからうまくいってるのだと考えられます。
それに、薫子が園長を務める植物園は、オーナーなのかそれに近い立場だと推測されます。
少なくても中産階級の上層部で、上流階級に入っているかも知れません。

えりか
両親は、成功しているアーティストに分類されます。
父親は国際賞受賞、母親は元モデルでデザイナー。
姉の収入はほぼ関係ないでしょうけど、こちらも学生モデルとして大成功をおさめています。
その親なのですから、収入は推して知るべしです。
少なくても上流階級の下流に入っています。


いつき
文句なし。家柄だけ見るとスーパーお嬢様です。
学園を経営し大道場を持っているのは、何よりの証です。
上流階級の上層部に居るのは間違いありません。


ゆりさん
月影家は、裕福とは言えません。
母一人、娘一人で、希望ヶ花駅前の売店で働いている収入のみで暮らしています。
おそらく、歴代プリキュアの中でも収入は最下位のレベルだと思います。
単純に言って、私立明堂学園に入れるであろう収入はありません。
ゆりの父親が財産を残していったが問題で、それを大事に使って娘の学費だけはそこから捻出しているという推測も成り立ちますが・・・
そこは作中では見えていないことなので無いものとします。
ファッションショーに合せて靴を買っていますが、これは高校生の小遣いの範疇で買える物という条件が付きます。
(男どもはすぐに高価なものを連想しますが、中高生の女子のファッションセンス(少ない小遣いで以下に好条件を整えるか?)には想像を絶するものがあります。)
ゆりさんは非常に成績優秀であるのは間違いなく、奨学金制度も間違いなくありますからそこから学費は何とかしている。という類でしょう。
ましてや、現在ではプリキュアです。
家庭の都合で学園に通えなくなるのであれば、”いつき”が裏から手を回す事でしょうし。
(表から手を回そうもんなら断ってくるでしょうし。)

作中の中では、ダークプリキュアは論外として。

ゆりさん<つぼみ<=えりか<いつき

と、なります。


歴代プリキュアで比べると。
上から順に並べるとこんな感じ?
()は勝手な予測年収。1K=いっせんまんえん

上流階級
 かれん(測定不能)
 いつき(測定不能)
 <越えられない壁>
 こまち、ほのか(20〜50K)
 <越えられない壁>
 まい、うらら(10〜20K)
 えりか(5〜10K)

中流階級
 つぼみ、美希(1〜5K)
 <越えられない壁>
 のぞみ、りん、いのり(1K前後)
 なぎさ、さき(0.8〜1K)
 ラブ(0.5〜0.8K)
 ゆりさん(0.5K以下)


 例外
 せつな(居候or別世界)
 ミルク(ナッツハウス&別世界)
 ダークプリキュア(別世界)
 ひかり(論外)



こうみると、比較的裕福な家庭に生まれていることがわかります。
最下級に居るであろう、ゆりさんはその高潔な性格ゆえ、家庭の都合は問題にならなかったのだと。
それでも食うに困る程ではでありません。
やはり、プリキュアの力を経済的な理由で使う必要のない娘さんが選ばれている。と考えるべきでしょうか。
いっそ貧乏娘をプリキュアにして、それでも健気に戦う少女言うのも見てみたい。







あまりプリキュア話は苦手ですが  投稿者:もへいじ


>あるくびゅーずさん
タイトルに他意はありません。よく見てないんで自信がないだけです(;^_^A

貧乏プリキュアは朝からヘビーな気がしそうです。
「キュア昭和枯れすすき!」とか、能力を使って儲けようとするプリキュアとかネガティブなのしか浮かびませんでした(爆)


……(´Д`)







涙の貧乏  投稿者:KS


『ふたりはキュリプア』というフレーズが頭をよぎりました。






超常能力を手にして金儲けといえば  投稿者:鐸碑


特殊な力を貰ってその力で金儲けをしていたキャラと言うと
藤子・F・不二夫先生のパーマンに登場するパーマン4号ことパーやんでしょう。
金にうるさい関西人というキャラ付けでパーマンの力を使ってアルバイトしていたという。

それを踏襲すると、関西弁でしゃべる商人気質のプリキュアの登場になるんでしょうか?
そういう美味しいキャラの登場があるなら、ハートキャッチプリキュアのキュアムーンライトのゆりさんに久川綾が使われた事が惜しまれます。
プリキュアシリーズのプリキュア内での複数キャラ担当はなしの路線みたいですからね。







キュリプア!  投稿者:インパクター星人


そういえば、たま〜にオリジナルプリキュアを妄想したりするのですが、
登場キャラクターは自然と裕福な設定に収束します。
言われてみれば、貧乏なプリキュアは斬新かもしれませんねw

私の場合、貧乏プリキュアというと、ハリウッド版のスパイダーマン2のようなシナリオが浮かびました。

家計のために放課後はバイト
 ↓
勤務中にプリキュアとして出動
 ↓
バイトはいつもすぐクビになる
 ↓
「もうプリキュアは嫌!」と戦わなくなる
 ↓
でもやっぱり人々のため、そして妖精のために変身する
 ↓
ループ

中盤、誰かのためではなく、自分の意思で積極的に戦うというような
心情描写を通して、パワーアップ。


しかし、健気に戦う少女を描くと、相対的に歴代プリキュアのイメージがダウンしてしまいそうな気が・・・・・・







それに  投稿者:ばぁびぃ露木


貧乏な少女、と言うのは世界名作劇場のようなファンタジー(子供たちにとって現実感が無いという意味で御伽噺と変わらない)ならともかく、現実の少女たちに受けないのでは無いでしょうか?






プリキュア関連のレスです  投稿者:くっきーもんすたー


>キュリプア!
それ……九条ひかり(シャイニールミナス)やっ!!!

『バイト→養母のあかねさんのお手伝い(実質は接客業務)』だし、首になる心配はありませんけど……、
・お手伝い(バイト)の休憩時間を気にしながら戦う。
・買出し中に敵に襲われて、遅くなってしまう。
なんてエピソードは実際にありましたし、やってることは一緒です。

まぁ、彼女の場合は「光のクイーンの転生体みたいなもの」で、他人の記憶や記録を因果律を無視して過去に遡って改ざん可能ですし「全てを生み出す力」まで持ってますから、飢えて死ぬことは絶対にないでしょうけどw


>能力を使って儲けようとするプリキュア
それ……蒼乃美希(キュアベリー)やっ!!!

自分がプリキュアだということをモデルの売り出しに使おうとして全力で(?)止められとりました。


>プリキュアの経済学ハートキャッチ編・捕捉
#つぼみ
花咲家は、元々、鎌倉に住んでいて(おそらく祖父の空さんがあの辺の大地主)実家も鎌倉にあります。
父親は草花のバイオテクノロジー関連の研究をしている教授。母親は花を扱う商社「レッドフローリアン」の社員で、ふたりは、研究所で知り合い結婚しました。
つぼみが生まれた後「家族の時間を持ちたいから」という理由で、2人とも仕事をやめて花屋をはじめています。最初は実家でやってた(配達専門?)か、近くに店舗を借りていた程度だったのが、数年で店舗兼住宅を持つほどになっていますので、かなり儲かっているのは間違いなさそうです。
映画では、フェアリードロップ・パリ支店(のファッションショー)に納入する花を検討していましたので、海外ルートすら持っている可能性すらあります。


>えりか
映画の裏設定(パンフ情報)によると、えりかの母方の実家もファッションブティックを経営しているそうです。おそらく、フェアリードロップもそこの支店という位置づけなのでしょう。
でもって、実家の方でパリに支店をだすことになり、オープニングイベントの一環としてファッションショーをすることになり、プリキュア一行でパリに行ったことになっています。
(オリエンタルな雰囲気をだしたいけどプロを雇うほどの金はない……くらいの位置づけでしょうか?)
それを見る限り、実家の方もかなり儲かっているようですね。


……しかし、その流れだと、えりかの両親は実家も含めて「ハートキャッチ防衛隊」の一員ということになりそうですね。
まぁ、オリヴィエを住ませる時の反応を見る限り、えりかの父親は事情を知ってそうですけど。







なぜかキュリプアでググると100件くらいある  投稿者:あるくびゅーず


>九条ひかり、て・・
基本的に、ひかりは普段の小遣い程度稼げれば生きていけるんだから
プアってわけじゃ(w;
でも、ラストで女王ではなく一人の女の子の”九条ひかり”として生きているわけだから、転生体として力はうしなわれているか限定的なだけではないかと。
現在は、シャイニールミナスに変身できるだけの、ただの女の子のような気も。
そーなると記憶操作が今でも使えるかどうかは微妙だし、何より学生の間はごまかせるけど卒業となったらどーすんだろ?
やっぱり、女王権限で相応の人間社会の財産を貰ってるとか(笑
・・・あ、そうか。
あかねさんを元カレと結婚させて、タコカフェを継げば良いんだ(ィロィロマテ

>キュアベリー
あのミキの発想は、本当に危うかったと思います。
例えば(私のよーな)邪悪な輩が近くに居たら、大変なことに(ぉぃ
・・・このサイトの小悪党の宴に出るのが関の山かもしれんがな・・・

>つぼみ
>おじいちゃん方の遺産
すっかり忘れとりました。
でっけぇ家を持ってて、手放さずに置いているということは誰かに管理しているわけで、
さらに巨大な山を所有しているはずですから・・・
固定資産税とか家の維持費とか、結構、途方もない金額になるはずです。
それらを維持している収入が花咲家にはあるわけです。


>ハートキャッチ防衛隊
こーなるとつぼみの両親も怪しく見えてきます。
「こどもとの時間を作るために花屋を始める。」
ここの皆様の多くが社会人でしょうからお分かりになると思いますが。
いくら近しい畑の仕事でも全く違う職業に、しかも自営業に移るには、かなりの勝算と度胸が必要です。
言うたら何ですが、研究員とは言えしょせんは雇われ人です。
休みが欲しければ有給休暇という手もあります。
無論、忙しい職業もありますが、無印・MAXの”ほのか”や、YESのかれんの例の通り娘にあえない、会いづらい職業はいくらでもあります。
親に、ここまでの行動させた理由について、いくつか考えつきますが・・・
ひとつは、時間を作る為、美味しい話があった。
希望ヶ花市には、おばあちゃんが先行して既に暮らしています。
もし、美味しい話として、植物園がありますから既にここを顧客に出来る算段がついていれば、大きな話です。
まともな親なら自分の娘をプリキュアにしたいだなんて思いません。
おそらく、それは防衛隊が認知されていても、我が娘をプリキュアに差し出すつもりの親はほぼ皆無でしょう。
ただ、発想が逆で、既にプリキュアに選ばれたことが判明していたら?
プリキュアであることを断るシステムなど無く、デザトリアンを倒すか倒されるまで続くのなら、防衛隊の居る希望ヶ花市ほど適した場所はありません。
元同僚が復職を進めに来た時に断ったのも、真実をすべて語るわけに行かず、
一緒に居てやりたいという理由だけをしゃべって断りました。
正直に申し上げて、娘と一緒に居たいからというだけでは復職しない理由にはならないと思います。
だからこそ、同僚の後輩君は粘ったんだと思います。
まぁ、運悪くデザトリアンにされてしまいましたが。
”プリキュアの呪い”に娘が罹ってしまった。だから、親は会社を辞めて少しでも一緒に居られる時間を作ったんではないかと。

次に一番まともに考えて、つぼみがさびしさのあまりに精神障害を引き起こしたこと。
本人は”引っ込み思案な自分”と解釈していますが、実は巨大な心の闇があったりするのかもしれません。
あくまでも症例の一種ですが、小さい頃に愛情を受けずに育った者はサイコパスになりやすい。
サイコパスとは、おそらくこの作中では心の花が無い状態でもあるわけで・・
それは精神障害に非常にかかりやすい状態ともいえます。
・・・つまり・・・つぼみには既に心の花がなく、彼女が第一話からデザトリアンになったことが無いのは、彼女に心の花が無い複線だったりして。
あ、そうか。
だから、つぼみは”だれかの心の助けになること”にこだわるんだ。

なるほど・・・これほどプリキュアに適任者は居ない・・・
恐るべし防衛隊・・・
ぴんぽーん

ん、なんだ?こんな時間に客人とは珍し


ソシテダレモイナクナッタ







忘れちゃいけない真キュアブライト&真キュアウインディ  投稿者:流石君は妙のお兄さんだ・


#キュリプア
何故かこの単語を見るとガンダム00のアレルヤとハレルヤがフリフリの衣装を着ている姿が思い浮かぶのは何故でしょうか

それはそうと、プリキュアの中で生活資金が気になる人物と言えばこの人たちを忘れてはいけません。
SSの満と薫です。
元々はダークフォールに帰った際にエネルギー供給とかあったかもしれませんが、人間になって以降はどうしているのかと・・・・・
体の組成はほぼそのままで、エネルギー供給を精霊側に切り替えていればあるいは・・・・
いや、でも食はよくても衣住は・・・咲や舞がなんとか手回ししてくれてると良いのですが






おのれ、ハイスペック高校生……  投稿者:流石君は妙のお兄さんだ・


#キュリプア
貧しくもないのにプリキュアの力を私事に使おうとしだす奴が・・・・







現在までに書き込まれているのは以上です。





戻る