ハートキャッチプリキュア!感想
〜キュアサンシャイン誕生〜




2010年7月、キュアサンシャイン誕生の時に掲示板でいろいろと話がありました。



にちあさ感想  投稿者:そめスケ


人心掌握プリキュア

 生徒会長がこころの大樹の夢を見たかどうか結局今回は曖昧ですが、それよりも「守りたい気持ち」を押しだしたシナリオだったので真相が明かされるのは次回以降でしょう。

 色々情報が出ていて、バンクの作画枚数が5000枚(変身だけなのか、名乗りや今回未登場の必殺技も含めてなのかは分かりませんが)というキュアサンシャイン。それはもう、活き活きと動き回ってくれています。
 というか、さつきお兄様の車椅子デザトリアンやつぼえりも恐ろしく動きがいいですね。さすがにキュアサンシャイン誕生という重要回だからでしょう。

 それにしても、ハートキャッチからプリキュアを見始めた私なので又聞きの形になってしまうのですが、くっきーもんすたーさんの
>金髪ツインテールへそ出しにバリア装備で合気道系って、Max Heartの3人を足したような……。
 に加え、プリキュア戦力分析の項にあった
・空中で、さらに『精霊の力』を踏み台にして再ジャンプでき、空中戦が可能
 に近いものまで兼ね備えていました(空中に足場を作ってデザトリアンに飛びかかったり、水上を滑るように移動したり)

 元々格闘スペックが高い上に、バリアに空中戦。相手の攻撃を受けとめながらゼロ距離ビームみたいなのも撃っていました(相手の攻撃を凝縮・反射したのかも知れませんが)。

 初登場補正がかかっているのもあるでしょうけれど、おっそろしく強いような……







キュアサンシャインフレーーシュ  投稿者:流石君は妙のお兄さんだ・


#キュアサンシャインの戦力
比較のために歴代バリア系プリキュアの戦力をまとめてみます
・シャイニールミナス(MH)
基本戦術は高い身体能力を活かして回避しつつ、味方や自分がピンチになった際にはハーティエルアークションで敵を行動不能にしたり、バリアを張ったりする。
ルルンの力を得ている時のみ全方位に広大な範囲のドーム状バリアを展開可能、防御力はほぼ無敵
また、手の先に円盤状のフィールドを展開させるタイプのバリアもあり、こちらは永続的に展開できるため、格闘戦でも使える(格闘が不得手なルミナスをして、怪力を誇るウラガノスと渡り合う事を可能とする高性能です)

・キュアブルーム&イーグレット(SS)
バリア持ちというよりは、バリアに転用可能なエネルギーフィールドを備えたオールラウンダー。
精霊の力を前方に展開し、敵の攻撃を防げる。防御力はマチマチだが、特別頑丈な印象はなし
精霊の力は手足にまとって攻撃力を上げる他、ジャンプ力の強化、空中再ジャンプ、壁激突時の衝撃緩和など、あらゆる場面に使用可能

・キュアブライト&キュアウインディ(SS)
精霊の光の汎用性は損なわれているが、飛び道具として使用可能。
また、高空で静止して爆撃を行え、オールスターズDX2では人一人を連れて高速飛行を行った
バリアとしては、飛び道具の光弾や風を前方に放射して敵の攻撃をブロック可能防御力はマチマチ

・キュアミント(5無印)
基本的に他のメンバーと同様に格闘で攻め、大きな攻撃が来た際にはバリアを展開して防御する。本気になった際の素手での受け流しテクは驚異的
バリアはドーム状のフィールドを張るミントプロテクション(強化後はミントシールド)、防御力は並みの攻撃は完全シャットアウトできるが、強力な攻撃が来ると砕かれる。
ドームの大きさはルミナスの物よりはいくぶん小さい。
ミントシールドの場合、敵を押しつぶしたり、前方に収束させて極大ビーム砲としての使用も可能

・キュアミント(5GOGO)
基本戦術は5無印と大差ないが、必殺技が攻撃主体になったため、攻撃力が強化されている
バリアは円盤を飛ばす必殺技のエメラルドソーサーを立てて壁にする事で攻撃を防ぐ。防御力は5無印時代と大差ない印象だが、一方向の攻撃しか防げなく・・・うわ、何をするやめろ

・シフォン(フレッシュ)
滅多に戦わないが、圧倒的な戦闘力を誇る。
念力やバリアを駆使し、ラビリンス東西南北幹部最強を誇るノーザを手玉に取った他、オールスターズDXでは2作品ともラスボスの分身を1体撃破しているDX2に至っては最多撃破スコアをマークしている

・キュアサンシャイン(ハートキャッチ)
ぶっちゃけ出たばかりなので詳細は不明
武道の心得があり、変身前からクモジャキーやコブラージャと渡り合える格闘技術を持つ
虚空を蹴って空中で加速する能力を保有
バリア能力として、前方に壁を発生させ、敵の攻撃を防御可能。また、壁を展開したまま壁の前方に光線系の技を発射する事も可能
必殺技は未使用なので不明。おもちゃCMで明かされている「ゴールドフォルテバースト」という名前からして攻撃技の可能性が高い


こうしてみると、サンシャインって、バリア系というよりは、SS組みたいなバリアを張れるオールラウンダーなのかもしれません(やはりもう少し戦闘描写が欲しい所です)







れすです  投稿者:くっきーもんすたー


>そめスケさん&流石君は妙のお兄さんだ・さん
#キュアサンシャイン
確かにすごかったです。
ブロッサム初戦闘回に「史上最弱のプリキュア」とか呼ばれていましたけれど、ハートキャッチって、つぼみとえりかが素人すぎるだけでスペック自体は最強クラス(SSと同等かそれ以上)なんですよね。
中の人が強いとここまでとは……。


ただ……、どの感想サイトを見てもサンシャインは絶賛されていますが、個人的には違和感があります。
なんで言葉遣いと声が一変するねや!あのまま『僕っ子』じゃ駄目やったんか!?
……2.3回見たら慣れるかなぁ……


#ルミナス
「ハーティエル・ア『ン』クション」ですよ。
ちなみに「アンクション」とは、キリスト教の儀式のひとつで心を癒し聖なる力を注入するものだそうです。






オープンマイハート!  投稿者:そめスケ


>なんで言葉遣いと声が一変するねや!あのまま『僕っ子』じゃ駄目やったんか!?

 私は以前から、月影ゆりの普段の性格と(回想の)ムーンライト時の振る舞いの間にギャップを感じていました。
(まあこれは、ダークプリキュアとの因縁とか未だ語られざる過去の戦いとか色々作用しているのでしょうけれど)
 また、変身コードの「プリキュア!オープンマイハート!」という掛け声も「私のハートを開け!」ってどういう事なのか、と……

 ですが、今回のいつき=キュアサンシャインの変身でこの辺が一本の線で繋がったように思えます。
 ハートキャッチ組の変身は「理想の自分になる」という行為、さらに言えば「抑圧された自我の解放」なのではないでしょうか。

 つぼみは初変身時に「今までの消極的な自分から変わりたい」という思いを持っていました。もちろんそれは現在進行形で成長しているんですが、変身した時はより行動が大胆です。
 普段から歯車が噛み合うと突拍子もない行動に出て、えりかがブレーキをかけきれないケースが散見されますが、戦闘時にはさらにノリで行動する傾向が見られます(おしりパンチとか、デザトリアンの周囲をぐるぐる駆け回ってマリンもろとも自滅とか、クモジャキーの必殺パンチに付き合うとか……)。
 つぼみの思い描く理想の積極性を、ブロッサム時に先取りしている感があります。

 いつきは、一度デザトリアンになって発散したおかげで多少折り合いを付けられるようにはなったものの、「明堂院の跡取り」「生徒会長」と言った立場を優先しなければいけない状態には変わりありません。
 かわいいものも武道も諦めないとは言っていますが、どうしたって限界はあります。
 分かりやすいのが髪ですね。もちろんショートヘアに合わせた可愛いオシャレというのは充分あるのですが、普段の髪型は「武道を極め、男装を続けるためこの髪型にせざるを得ない」と感じている部分があるのでしょう。
 そうした抑圧が、プリキュアになったことで「こうありたかった自分の表出」という形で解放され、キュアサンシャインを形作っているのではないでしょうか。

 ちなみにえりかは、すでにモデルとして成功しているももかに対するコンプレックスはあるしモデル業への憧れもあるようですけれど、自身は現在ファッション部の部長として、ももかとは違うベクトルの道を見据えているので、つぼみやいつきに比べると外観や内面はあまり変身前後で変わっていないように思えます。







クールで強くてか〜っこいい♪ イケてると言われてる〜けど♪  投稿者:流石君は妙のお兄さんだ・


くっきーもんすたーさん
ログ取りお疲れ様です
>ハーティエルアンクション
ご指摘および解説ありがとうございます。
上手く聞き取れない部分を想像で補って、それが真実になってしまっている単語って結構ありますwww






♪Take it Easy楽にして〜  投稿者:くっきーもんすたー


#キュアサンシャイン……というかシャイニータンバリン
締めに「はぁぁぁあっ!」と回すのは、キュアスティックと同じですね。
デザインがなんとなくレモネードっぽい(噂によれば、サンシャインはダークレモネードの没デザインが元らしいですから当然といえば当然なんでしょうが)のも含めると……
レモネード→フレッシュ(パイン)→サンシャインの線でつながりが見えてきます。

そういえば、この3人、武器が全員楽器(レモネードカスタネット・パインフルート・シャイニータンバリン)なんですよね。
このラインをうまく使えば、フレッシュを媒介にしてプリキュア5と鳩キュアをつなぐネタができそうですが、残念ながら、まだ材料不足です。
もう2・3ピースあれば一気に埋まりそうですし、まだ半年あるのでTake it Easyでいきましょうかw







にちあさ  投稿者:あるくびゅーず


心臓鷲掴麗癒
ついに出ました三人目のぷりきゅあ。
キュアサンシャインに関しては、別書き込みするとして。
今回の話、珍しく知的で戦略的で面白い話でした。
やはり、生徒会長ともなると一味もふた味も違います。
心の大樹という急所に、強大な敵に攻め込まれても冷静さを失わず、
ブロッサムのパワー負けによる茫然自失さえ取り込んだ作戦に、久々にぐっときました。
はっきり言って、「ダークちゃんの負け」でした(笑
まぁ、強大な力を持ちながら、感情にすぐに左右されて直情的に力勝負を受けてしまいました。
ブロッサムが力負けして茫然自失してたから、
合体技も防いで同じような精神的なダメージを与えたかったんでしょうねぇ。
見た目と普段の言動とは裏腹に、実に子供っぽく無邪気で底ぬけです。
まだ、3幹部を遣わせた方がマシだったかも知れません、というのは言いすぎでは無いでしょう。
というか、ここで3幹部が手柄を立てれば、主導権を逆転できます。
ここでガンバれクモジャキー(笑

まぁ、やられるんだろうけど。







キュアサンシャイン!  投稿者:あるくびゅーず


久々にキました。めっさお気に入りです(笑

そのせいか知りませんが、ハートキャッチぷりきゅあの映画の前売り券、
地元じゃ特典付きはあっという間に完売です(w;
私の住んでいるあたりは、割と残っているのが通例なんですが・・・
シャイニータンバリンも豪快なうれっぷりで、おもちゃコーナーからすでにありません(w;
まぁ、登場したての頃ってそんなもんなんですがね。

さて、明確な格闘技経験者のプリキュアです。
MAXの頃に”ほのか”が、戦闘シーンから格闘技経験を言われていましたが
作中で明示的に出された事はありません。
ましてや、”いつき”は免許皆伝の実力者で、生身であってもクモジャキー、サソリーナを相手にできるほどの実力を持っています。
ほとんどパーマン3号です。
その最強っぷりや、能力についてはすでに書き込みがあるのですが、わたしなりに違う方向から迫っていきたいと思います。

基本的な戦闘スタイルは近接格闘ですが、あまり比べることが出来ないんですよね。
空中戦出来るし、防御シールドも持ってる。
あえて言えば、決め手になる打撃技が無いこと。
ミルキーローズの格闘と、ミント系の防御技に、SS系の空中戦を持っていて、さらにそれぞれ+αがあります。

格闘系の技でいえば、ミルキーローズが挙げられます。
ただ、かなりの多激を必要としていたところから、
一撃の打撃力はミルキーローズに劣ります。

技の優雅さでいえばキュアホワイトが挙げられます。
ただ、キュアホワイトの場合は全身を使った体術にあり、
基本はブラックのとの連携技にこそ真髄があります。
翻ってサンシャインは自身の可憐さもあり優雅に見えますが
その実、単体による打撃技しか見せていません。
まぁ、変身者の影響を受けやすいハートキャッチにおいて、
初見で連携できる方が無理がある訳ですが。

防御技においては、当然ミントさんが挙げられます。
ミントさんは、防御に特化しているように見えて、その実最強のクラッシャー技
ミント砲を持っています。
GoGoになってからは、ソーサー系になり攻防一体化した技に発展しています。
ちなみにミントシールドも健在であり、当然ミント砲も可能なはずです。
サンシャインの技は、反射能力もあるので知らない相手にはびっくり技として使えます。
さらに知っている相手にはゼロ距離射撃封じにもなるので、相手の戦術的幅を減らす効果もあります。
戦術・戦略的に言って、ミントさんとの優劣は非常に付け辛いところです。

空中戦の場合。
SSと同じく空中を”蹴って”居ます。
ただ、流石にSSほどのフレキシブルさは無いようで、
初見の相手にさえ着地点を狙われています。
コレに関してはわざと狙わせたとも考えられるので、何とも言えませんが。

圧倒的なのは単独で、恒久的な巨大なシールドを張れることでしょうか。
これによりハートキャッチにとって最大の弱点である、心の大樹を逃がすことに成功しました。

これらは基本的に”いつき”の能力による補正が大きいと言えるでしょう。
破壊力やパワーに関しては、おそらく他の二人と同程度で、その使い方やセンスは”いつき”によるものだと考えられます。
ダークプリキュアを出し抜いたこと等から、非常に彼女は知性的です。
どっかの青い知性に見習わせたい所です。

総合すると。
戦闘力そのものは、高いバランスを保っているものの、
歴代プリキュアの最高値には至らない。
ただ、本人修正が大きく、高い能力を持つ者がプリキュアになれば相応に強くなることを意味しています。
今後の展開でどう転ぶかはわかりませんが・・・
歴代ぷりきゅあを総当たりで、一対一で戦わせると1,2を争う戦闘力です。
作品別で戦わせると、おそらく最下位に転落します。
ハートキャッチは、すでにはじまって半分を超えようとしていますが
いまだに連携した戦闘はできていません。
どちらかというと、個性の強い二人がバラバラに戦っているだけです。
友情が云々言っていますが、互いを「親友」等という言葉で表せている現状では
歴代のプリキュア達の足もとにも及びません。
相手が人質になった時に、それを理由に戦えないようではコンビの意味がないんです。
おそらくムーンライトが指摘したかったのも、そこだと思います。
ただ、サンシャインという強い個性が加わった今後は、完全に未知数です。
いつきもお友達ごっこに終始するか、それとも真意に気づくか。
今後が非常に楽しみです。

この手のネタは、嫌う人もいるでしょうから小声で。

さて、私は今回も非常に重要な事に気づいてしまいました。
サンシャインのコスチュームの腹部のパーツは非常に露出度が高いものになっています。
歴代のぷりきゅあには無い斬新なデザインですが、
これでは非常に危なく、朝の少女アニメでは見えてはイケナイところまで見えてしまいます。
特に発育のいいこの時期のお嬢さんには、気を使って欲しい所です。
つぼみとえりかをみれば、フレッシュを除く歴代の中では発育が良いのがわかります。
いつきは、比較的大人のキャラとして描かれていますから、当然発育も・・・
あ、大丈夫。前言撤回。
彼女なら問題ありません(大笑
心配なのは発育のいい女子のみですから、いつきはまったく問題ありま


プリキュア!ゴールドフォルテバースト

(なんか赤いシミが残ってる)







現在までに書き込まれているのは以上です。





戻る