フレッシュプリキュア!感想
〜カオルちゃんのドーナツ〜



「フレッシュプリキュア!」に登場する、カオルちゃんのドーナツ。ある意味、この番組のキーアイテムです。
ラブたちが褒めまくる『この町で一番おいしいドーナツ』ですが、どんなドーナツなんでしょうか?




ドーナツと言っても、いくつか種類があり、大きく分けて3種類のタイプに分けられます。
・ベーキングパウダーを使って膨らませるケーキドーナツ
・イーストで発酵させたイーストドーナツ(揚げパンに近いもの)
・薄力粉をゆるめに水で溶いて、ふんわりと揚げるフレンチクルーラー



大手チェーンのミスタードーナツでは、ふわふわした食感の『フレンチクルーラー』が主力です。
また、ここ数年ではモチモチとした食感の『ポン・デ・リング』タイプが流行しています。
最近は、この2つの食感を合わせた『フロッキーシュー』も発売されています。




カオルちゃんの店のドーナツは『サクサク感が命』と言われています。
おそらく、固めの生地を油で揚げた『オールドファッション』タイプでしょう。
ドーナツにハート型の穴を空けている所からみても、間違いないと思われます。

(ゆるめの生地を使うフレンチクルーラーでは、揚げるときに穴を一定の形に固定するのは難しい)

カオルちゃんが揚げ具合にこだわりがあるのも、この『サクサク感』を演出するためのものでしょうね。



カオルちゃんの店は、おそらくオールドファッションタイプのみでしょう。
(もしかしたら、イースト発酵タイプも少しはあるかもしれません)
その代わり、種類は多く、通常のものの他に茶・黒・白・つぶつぶ入りなど、様々な色のものが登場します。
生地自体の種類を増やしてバリエーションを出しているようです。

チョココーティングなども、たまに登場しますが、メインは生地自体にゴマやココナッツを混ぜたもののようです。



大手チェーンでは、生地そのものに何かを混ぜたドーナツはあまりありません。
基本とココア生地の2種類程度で、コーティングの方で種類を増やしています。
これは、主に効率の問題で、生地の種類は少ない方が管理しやすく、また、作る人がバイトである場合が多く、それならば憶えることが少ない方が混乱が少ないなどの製造側のメリットが大きいためです。
また、種類が多いと売れ残った時のダメージがでかいという理由もあります。


作り手の問題はいいとして、在庫云々を考えた場合、生地の種類が多岐にわたるのは少し変です。
これは注文を受けてからドーナツを揚げているのでしょう。

カオルちゃんの店は、自動車による『移動販売』という形式をとっています。
この手の小規模な店なら、むしろ当然の注文形式でしょうね。




……と思ったら、3話でころころ回ってドーナツが出てくる機械が出てました……orz
でも、あれで出来たドーナツは8割がハネ品でしたから、新しい機械の試作だったんでしょうね。
…ってことはブッキーに『今なら100万円で』と勧めたのは、新作の味見を兼ねて安くしとくよってことですね。





戻る