第23話
ついに対決!脅威のアクダイカーン!

ミチル&カオル 「ずっと、このままでいいと思っていた…」
アクダイカーン (回想)「目覚めよ、カオル、ミチル。目覚めるのだ」
ミチル (回想)「あなたは、だれ?」
アクダイカーン (回想)「我が名はアクダイカーン。お前達は、我が忠実なるしもべ」
カオル (回想)「忠実なる、しもべ」
ミチル (回想)「しもべ」
アクダイカーン (回想)「我に従え」
(回想)「お前達には『空の泉』をあずける…」
ミチル 「泉は干からび、木は枯れ果てている。アクダイカーン様がそうなさったのなら、これでいいのだと思っていた」
カオル 「空はどこまでも暗い灰色で、光が照らすことも、風が吹くことも無い。でも、ずっとこのままでいいと思っていた」
ミチル&カオル 「あのふたりと、出会うまでは…」



OP「まかせてSplash☆Star」


カオル 「友達なわけないでしょう」
プリキュア 「ああっ」
ミチル 「私たちは、あなた達を倒すためだけに今ここに存在している」
カオル 「私たちは戦う運命なのよ」
ブルーム 「満、薫!」
カオル 「はぁっ」
ミチル 「ふっ」
ミチル&カオル 「はぁっ!」
ミチル 「覚悟しろ、プリキュア」
カオル 「とどめだ!」
プリキュア 「きゃー」



タイトル「ついに対決!脅威のアクダイカーン!」


ブルーム 「うわっ」
イーグレット 「くっ」
「ブルーム!」
「あっ!」
カオル 「せいっ!」
イーグレット 「くっ!」
ミチル 「ていっ、はっ!」
ブルーム 「くっ!」
ミチル 「なぜ戦わないの!」
ブルーム 「友達とは戦えないって言ってるでしょ!」
ミチル 「友達じゃ、ないわっ!」
「でやぁぁ」
ブルーム 「ふっ、はっ」
「満がなんて言っても、私は友達と思っているから」
ミチル 「はぁっ!でやっ」
イーグレット 「くっ」
カオル 「ふっ!てい、はぁっ!」
「これでも、友達だって言える!てぇー、てやっ!」」
イーグレット 「あっ!くっ!」
ブルーム 「ふん!」
イーグレット 「あ…、ブルーム!」
ミチル 「!?」
ブルーム 「んぐぐぐ…」
「んがが、やー!」
ミチル&カオル 「!?」
ブルーム 「ふえー、腕痛い…」
イーグレット 「この力、あれは薫さんたちだったのね」
ミチル 「なんのこと?」
イーグレット 「あのとき助けてくれたのは、満さんと薫さんだったのね」
ブルーム 「そっか、そうだったんだ。満たちが助けてくれたんだね。ありがとう」
ミチル&カオル 「あ…」
ミチル 「違う…、違う!助けたんじゃない。勘違いするな」
ブルーム 「でも、おかげで私たちは助かったんだよ」
ミチル 「言うな!お前達を倒して、全ての世界を滅ぼす。そして、永遠の滅びの世界を作る」
イーグレット 「それが満さん達の望みなの?命の大切さを知っている薫さんたちが、世界を滅ぼすなんて望むはずない」
ブルーム 「本当はこんなことしたくないんじゃないの」
ミチル&カオル 「あ…」
カオル 「お前達を倒せば、アクダイカーン様はお喜びになる。アクダイカーン様の喜びは私たちの喜び、それが私たちの運命だ」
イーグレット 「じゃあ、どうしてそんな苦しそうな顔をしているの?」
ミチル 「はっ…、だ、黙れ!」
ブルーム 「黙らないよ!運命は変えられるんだよ。自分の力で変えるものなの!」
ミチル&カオル 「!!」
イーグレット 「私も、運命は変えられると思う」
ブルーム 「私、いままでいろんなことを満に教わったよね。数学とか英語とか、だから今度は私が教えてあげたいの。運命は変えられるって。満たちが運命を変えたいと思うなら、私たちが力になるから」
ミチル 「うるさい、嘘をつくなぁ!」
「えっ…?、何してるの離して!離しなさい、プリキュアを倒さなきゃ」
カオル 「ミチル、もうやめよう」
ミチル 「!?」
カオル 「確かにはじめは、アクダイカーン様の望みが私たちの望みだった。でも今は…」
ミチル 「う…!?」
カオル 「ダークフォールの戦士として生まれた運命を…変えたい…ううっ」
ミチル 「無理よ。『滅びの力』で生み出された私たちに、他になにが出来るっていうの」
ブルーム 「できるよ!たくさんやってきたじゃない。家のお店を手伝ってくれたり、みのりの相手をしてくれたり」
イーグレット 「スケッチに付き合ってくれたり、傘をさしかけてくれたり」
ミチル 「そんなの、たいしたことじゃない」
カオル 「つまらない、ささいなことよ」
ブルーム 「そうだとしても、満達は私たちに嬉しい気持ちをくれたんだよ」
ミチル 「!!」
イーグレット 「友達になって毎日を過ごして、本当に楽しかったわ」
カオル 「!!」
ブルーム 「あ、晴れてきた」
イーグレット 「きれい…」
ミチル 「『空の泉』とは大違いだわ」
ブルーム 「空の泉?」
カオル 「私たちがいた泉よ」
ミチル 「木はどれも枯れて、泉はひび割れて」
カオル 「風が吹くこともなく、光がさすこともない」
ミチル 「生きとし生けるもの、すべて息絶える。必ず無に帰すのよ、あの泉みたいに」
カオル 「私たちが何をしたところで、今さら」
フラッピ 「泉なら『奇跡の雫』で元通りよみがえるラピ」
チョッピ 「『空の泉』は自然が豊かチョピ。『緑の郷』とおなじくらい、とってもきれいチョピ」
ミチル 「『緑の郷』と同じくらい、きれい…?」
ブルーム 「一緒に『空の泉』を元通りにしようよ」
イーグレット 「みんなで見に行きましょう」
ミチル 「そうね」
カオル 「見てみたい」
ブルーム 「えへへ!」
ゴーヤーン 「何を見てみたいのですか?」
「ああっ」
「ああっ」
ゴーヤーン 「お初にお目にかかります、伝説の戦士プリキュア。私はゴーヤーンと申します。」
ブルーム 「ゴーヤーン?」
ゴーヤーン 「以後、お見知りおきを。」
「さて、ミチル殿カオル殿、何をぐずぐずしているのです。アクダイカーン様よりプリキュアを倒せと命令されたでしょう。さあ、早く片付けてください。なぜ戦わないのです?まさか、今さらできないなんていわないでしょうね」
イーグレット 「私たちは、もう戦ったりしないわ」
ブルーム 「満と薫は友達なんだから」
ゴーヤーン 「ほう!それはつまりこういうことですか。友達と偽って近づいたら本当に友達になってしまった。だからプリキュアを倒せない。」
「けしからんですね。ダークフォールの戦士にあるまじき行為…へやぁ!」
咲・舞・満・薫 「きゃー」
ゴーヤーン 「ミチル殿、カオル殿、あなた方は…」
満&薫 「ああっ!」
ゴーヤーン 「まさしく、裏切者です!」
満&薫 「うぁぁ、うわぁぁ」
ブルーム 「満!」
イーグレット 「薫さん!」
「咲!」
「舞!」
イーグレット 「ああっ!」
ブルーム 「やった!」
プリキュア 「あ…、ああーー!」



アイキャッチ


ブルーム 「う…、みんな大丈夫?」
イーグレット 「ええ」
「だいじょう…ううっ」
ブルーム 「どうしたの」
「ゴーヤーン、これほどの力を持っていたとは…」
「只者じゃないわね」
ゴーヤーン 「いらっしゃいませ。ダークフォールへようこそ」
満&薫 「ゴーヤーン」
ブルーム 「ここが」
イーグレット 「ダークフォール」
満&薫 「くっ!」
ゴーヤーン 「おお怖っ、そんな怖い顔でにらまないでくださいよ。私はちょっと気を利かせただけですのに」
「どういうこと」
ゴーヤーン 「今回のこと、ご自分達の口からご報告したいだろうと思いましてね。偉大なる、アクダイカーン様に!」
イーグレット 「あれが!?」
アクダイカーン 「ぬぅぅぅ」
ブルーム 「アクダイカーン」
アクダイカーン 「ぬぅぅぅ」
ゴーヤーン 「アクダイカーン様、ご紹介しましょう。あの者がキュアブルーム、もう一人がキュアイーグレット、このふたりが伝説の戦士プリキュアでございます」
アクダイカーン 「プリキュア」
ブルーム 「アクダイカーン!」
「あなた達は下がってて」
イーグレット 「でも」
「お願い」
満&薫 「うん」
ゴーヤーン 「おっ…ほぅ」
「私たちは知りませんでした。滅ぼそうとしていた世界がどういうものなのか」
「でも、『緑の郷』へ行ってわかったのです。風に揺れる緑、晴れた日の空、夜を照らす月明かり、世界はとても美しいものでした」
「そこで生きているものたちは、皆、弱く愚かですが、温かかった」
「アクダイカーン様、私たちは心から感謝しています。私たちを生み出してくださったこと、このご恩は決して忘れません」
「これからも、私たちに出来ることは精一杯やるつもりです、ですから」
満&薫 「私たちのたった一つの望みをお聞き届け下さい」
「お願いします」
「どうかこの世界を」
満&薫 「世界を滅ぼさないで下さい」
ブルーム 「ああっ!」
イーグレット 「ああっ!」
ゴーヤーン 「ふぬ?」
アクダイカーン 「ミチル…」
「!?」
アクダイカーン 「カオル…」
「!?」
アクダイカーン 「たおせ!」
満&薫 「えっ!?」
ゴーヤーン 「ぬっふ…」
アクダイカーン 「プリキュアを…」
「アクダイカーン様、どうか私たちの話をお聞き下さい」
「アクダイカーン様!」
アクダイカーン 「プリキュアを倒せ」
満&薫 「!?」
ゴーヤーン 「アクダイカーン様、ミチル殿とカオル殿はプリキュアを倒せないと申しております。お友達は倒せないそうです。」
アクダイカーン 「命令に逆らうのか」
満&薫 「どうか話を!アクダイカーン様」
ゴーヤーン 「ふふふふ…」
アクダイカーン 「愚か者!」
満&薫 「ああっ」
「うわー!」
ブルーム 「満!」
イーグレット 「薫さん!」
「ああぁっ…ああぁっ!」
「うぁぁ…」
満&薫 「うわぁぁぁっ」
「あぁ…くっ」
ブルーム 「満!薫!」
イーグレット 「しっかりして」
ブルーム 「どうしてこんなことするの!あなたは満と薫の生みの親じゃないの」
アクダイカーン 「ミチルとカオルは我がしもべ、我のためだけに動けばよい」
イーグレット 「満さんと薫さんはあなたのために一生懸命だったわ。そんなふたりの話をどうして聞いてあげられないの」
アクダイカーン 「必要ない、我が命令だけを聞いておればよい」
ブルーム 「満も薫もいっぱい悩んだんだよ。考えて、苦しんで、自分達の本当の望みを見つけたんだよ」
アクダイカーン 「全てを滅ぼし永遠の滅びの世界に変える。それ以外の望みを持ってはならぬ」
イーグレット 「薫さんたちには心があるの。私たちと同じ命を持って生きてるの。あなたの道具じゃない」
「…!」
イーグレット 「私たちの友達なんだから」
「…!」
アクダイカーン 「逆らうものは許さん」
ブルーム 「私たちの友達を、これ以上傷つけさせはしない!」
イーグレット 「満さんと薫さんは、私たちが守ってみせる!」
フラッピ 「すごいパワーラピ」
チョッピ 「こわいチョピ」
「だめよ、早く逃げて」
「あなた達の力じゃ」
ブルーム 「大丈夫!」
イーグレット 「絶対に負けない!」
プリキュア 「はあぁっ!」
アクダイカーン 「む…」
ブルーム 「はぁぁ!」
イーグレット 「でやぁ!」
ブルーム 「ふん、はぁーー!」
アクダイカーン 「むぅぅぅ」
ブルーム 「イーグレット」
イーグレット 「ええ」
ブルーム 「大地の精霊よ…」
イーグレット 「大空の精霊よ…」
「今、プリキュアと共に」
ブルーム 「奇跡の力を解き放て」
プリキュア 「プリキュア・ツインストリーム・スプラッシュ!」
アクダイカーン 「ぬぉぉ…」
「ああっ!」
「アクダイカーン様」
プリキュア 「だぁぁー」
ブルーム 「やったの?」
イーグレット 「な、なに!?」
アクダイカーン 「ふふふ」
プリキュア 「力が…」
アクダイカーン 「ふははは」
プリキュア 「ああっ…うっ…」
アクダイカーン 「そんなもので我を倒そうとは、哀れなものよ」
プリキュア 「ああーーっ」
アクダイカーン 「もう終わりか、伝説の戦士プリキュア。我はまだ半分も力を出しておらんぞ」
ブルーム 「ううっ…」
「うっ…」
アクダイカーン 「ふふふふふ」
イーグレット 「ああ…」
満&薫 「はあぁぁっ!」
アクダイカーン 「滅びよ!」
ブルーム 「ああっ」
プリキュア 「きゃーー!」
「咲、舞…、ふたりと友達になって楽しかったわ」
「嬉しかったり、悲しかったり、色んな気持ちをもらった」
満&薫 「だからこれは、わたしたちの『ありがとう』の気持ち」
プリキュア 「あ…あっ」
「私たちは、もう見られないけど」
「『空の泉』をお願いね」
ブルーム 「満!」
イーグレット 「薫さん!」
満&薫 「ふふっ…あっ、ああぁぁっ!」


咲&舞 「うっ」
「私たちだけ助かったって意味無いよ!」
「お願いチョッピ、私たちをダークフォールへ!」
チョッピ 「そんなのできないチョピ…」
「そんな…満さん、薫さん…」
「こんなのってないよ。友達を助けられなかった、こんなのって、こんなのって…嫌だよ…」



ED「『笑うが勝ち!』でGO!」


次回予告


録画できてませんでした…orz





戻る