三匹が食う!
〜OK君とダントツラーメン編〜




ダントツラーメンについてはこちらを参照



T藤「というわけで、最近『ダントツラーメン』にはまってるんだよ」
OK 「へー、なんか面白そうな店っすね」
T藤「確かに、いろいろとネタになる事はある。
   そもそも店の名前からして『ダントツラーメン・岡山一番店』やからね!」
OK 「ええっ!!なんで岡山なんよ!? ここ香川やで!!」

T藤「うん、片原町に最初にできたのは『高松一番店』やったんよ。
   でも、なぜか2番目にできたはずのあの店は『岡山一番店』なんよ」
OK 「てか、この時点で既にわけわかりませんよ!!」




そういうわけで、一路、ダントツラーメンへ

T藤「この店は、基本的に二郎インスパイア系の呪文詠唱があるんだけど、
   ヤサイは『×2』、『×4』、『×8』から選択だからね」
OK 「いやいや、8倍ってなんなん?!!!
   ていうか、券売機に『当店のは、他の店のラーメンより多い』って書いてるし
   注文の時点で、ネタ多すぎでしょうが!!」

T藤「まぁ、そういう店なんよ!で、OK君なに頼むの?」
OK 「とりあえず、お腹すいてるから、くらい頼もうかなと思ってます」
T藤「まぁ、お腹すいてるなら、その辺かな?」




前に、OK君は『ドカ壱』には行ったことがあります。
その時は、ゲームで一番負けの人は『野菜マシマシ』という罰ゲームがあり、
OK君は、初めて行った店でマシマシを食べさせられるという、大惨事を体験しています。




T藤「で、トッピングはどうするの?」
OK 「うーん、どうしましょうか?」
T藤「ドカ壱のときは、いきなりマシマシ食べたんだよね」
OK 「あ、そうでしたね」
T藤「今回は、そこまでする必要ないし、自分のペースで頼んだらいいんじゃないの?」
OK 「そうですね。
   ……じゃあ、野菜4倍で!!!

T藤「なんでやねん!!」
OK 「前に食べた時、結構ラーメンが熱かったんですよ。
   だから、野菜を多目にして冷ましてから食べようかと」





   




OK 「すみません。僕が間違ってました。
    麺が食べられませんが……」

T藤「しかも、野菜でフタされてるから、普通にやったら冷める要素もないな
   一応、二郎系の奥義『天地返し』で、野菜と麺をひっくり返して冷ますのが基本だけど」

OK「レンゲを漬けたら、スープがこぼれますよっ!!!」
T藤「うん、上から食べるしかないよね。これは……」





戻る