石膏の使い方
象印焼石膏A級は一般の型用石膏として標準的な物性を有しており、硬さ(強度)も十分で面もきれいに仕上がります。
用途: @一般型取り A美術石膏像製作
使用方法
1.水切り法
@石膏1kgに対して、約1Lの水をボールなどの容器に入れておきます。型には、あらかじめカリ石鹸などの離型剤を塗布を行って置いてください。
A水中に石膏を散布投入します。(石膏がだまにならないよう、ほぐすようにしてください。)
Bそのまま約2分間静置しますと、石膏に水が浸透し沈殿しますので、このときのうわ水を捨ててください。
C適当な木の棒などで、1分間に100回位の速さで円を描くようにかくはんします。4〜5分かくはんするうちに石膏溶液に粘りが出て、かくはんの跡がかすかに残るようになります。このときが流し込みに適当なタイミングです。
D気泡を巻き込まないように注意して、一方向から徐々に流し込んでください。
E約1時間たってから静かに脱型します。(石膏表面温度が冷えたころが目安です。)
2.水計り法
@石膏1kgに対し、水700ccを用意します。
A水切り法と同様にして石膏を投入静置してください。うわ水は捨てずにそのままかくはんしてください。
B一度に数十kgをかくはんする場合には、こちらの方法をお勧めします。
参考物性値
試験条件 試験結果
標準混水率(W/P) (%) 70 終結時間(分) 30
投入時間(分) 1 ヌレ引張強さ(kgf/平方p) 12
静置時間(分) 2 ヌレ圧縮強さ(kgf/平方p) 100
かくはん時間(分) 5 硬化膨張率(%) 0.15
注意事項
水切りの際のうわ水や、余った石膏は直接流しに捨てないで下さい。配水管が詰まる場合があります。