交通安全施設,全国道路標識標示業協会,道路標識,サイン標識,防護柵,車止め,反射鏡,カーブミラー,区画線,設計,施工,設置,身近な環境改善,落書き消し,滑り止め (社)全国道路標識標示業協会 会員
サンダイ技建株式会社


〒485−0071   小牧市弥生町14番地
Tel 0568-43-3221  Fax 0568-43-3288
お問合せは、Tel Fax メールにてお気軽にどうぞ!
会社案内 道路標識
サイン
その他標識
サイン
防護柵
車止め
道路反射鏡 区画線 自発光鋲 落書き消し 滑り止め
外構工事 保安用品
の販売
お問合せ
求人情報
リンク集

道路標識の設置方法と設置高さ
設置方法による分類
路側式 標示板を単一又は複数の柱に取り付け、道路の路端、道路の中央、歩道又は中央分離帯当に設置する方法で、片持ち式、門型式以外のものをいう。
片持式
(オーバーハング式)
道路の路端、歩道又は中央分離帯等に設置された支柱を車道部の上方に張り出させ、標示板をこの張り出し部に設置する方式をいう。
門型式 標示板を車道をまたぐ門型支柱により車道部の上方に設置する方式をいう。
添架式 標示板を外の目的で設置された施設の利用して設置する方式をいう。

設置高さ基準による分類
設置方法 標識令で定める高さ 道路管理者の設置する場合の基準 公安委員会の設置する場合の基準
路側式 案内標識1.8m以上
警戒標識、規制標識、指示標識、補助標識は1.0m以上
歩道部は1.8m以上
(車道単から25cm以上)

車道部は2.5m以上
道路幅員1.5m以下の歩道及び、2.0m以下の自転車通行可能の歩道は2.5m以上

それ以外は1.8m
※1
片持式
(オーバーハング式)
4.5m以上 5.0m
やむを得ない場合4.7m以上
5.0m
状況により、4.5mまで低くすることができる
門型式 4.5m以上 5.0m
やむを得ない場合4.7m以上
5.0m
状況により、4.5mまで低くすることができる
添架式 上記に準ずる
片持式、門型式に準ずる場合は6.0mまでとする事ができる
上記に準ずる
片持式、門型式に準ずる場合は6.0mまでとする事ができる
※1 歩行者横断禁止については1.2m
状況により2.5mまで高くし、又は1.5mまで低くすることができる
道路標識・サインのページに戻るにはこちら、



お問合せ道路標識、サイン標識について、お問合せはこちら