AmazonのURL短縮

アマゾンアソシエイツのアフィリエイト用URLは長すぎる。
しかし、ネット上にはこれに関して新旧の情報がごちゃごちゃになっている状態だ。アップロードされた情報はそのほとんどが単発記事に終わっていて、すでに無効になっている情報も多々放置されている。昔からアフィリエイトに取り組んでいる人なら簡単なことでも、新参者がその正誤を判別する手間といったらかなりのものだった。

最新情報をしっかりアップデートしているページがないので、ここにまとめていこうと思う。

▽ページコンテンツ
 ○URL短縮の結果
 ○アマゾンのアドレス構造について
 ○アフィリエイト用リンクの作り方
 ○ツール・画像リンク・その他 最新情報

URL短縮の結果 (結論から先に)

(アフィリエイトではない)商品ページへのリンクは、
「http://www.amazon.co.jp/dp/B002DRARLU/」という形まで短縮できた。

アフィリエイト用のリンクでは、
「http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B002DRARLU/○○-22/(○○は各人のアソシエイトID)
という形までの短縮が可能だった。


アマゾンのアドレス構造について (理屈と詳細)

とある商品ページのURLが下記のようだった場合
http://www.amazon.co.jp/TV%E3%82%A2%E3%83%8B%E(恐ろしく長いので略)/dp/B002DRARLU/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1248520825&sr=8-4

アマゾンから提供されるアフィリエイト用リンクは、「テキストのみ」を選択して、
<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002DRARLU?ie=UTF8&tag=○○-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B002DRARLU">あずさ2号</a>
<img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=○○-22&l=as2&o=9&a=B002DRARLU"width="1"height="1"border="0"style="border:none !important; margin:0px !important;" />

と表示される。
「テキストのみ」のはずなのに、<img以降には画像を表示させるタグが入っている。1ピクセルの見えない画像を引き出させることで、閲覧者の情報をカウントしているのだ。これはレポートをしっかり分析する人には必要かもしれないが、そうでない人にはまったく無駄な部分であり、消してしまっても動作自体には問題ない。

ここで商品ページにおけるURL構造を4つに分解して説明しておこう。

@ http://www.amazon.co.jp/
(アマゾンのウェブ上の住所)

A TV%E3%82%A2%E3%83%8B%E(恐ろしく長いので略)
(最初の文字がそのままになっていることから、商品名の日本語を英数字に分解しているのだと分かる)

B /dp/B002DRARLU/
(右の10桁の英数字が商品識別コード。ASINと呼ばれる。Amazon Standard Item Numbersの略で、
 アマゾンが商品管理のために付けた番号だ)

C ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1248520825&sr=8-4
(これまでの文字列を説明する文字列だと思われる。「ref」は「reference(参照)」の略だろう。
 UTF8は商品名を分解(符号化)した「エンコード」と呼ばれるもの)

実は@とBだけ繋いでhttp://www.amazon.co.jp/dp/B002DRARLU/とすれば商品ページへ問題なくアクセスできる。もっと短くしたいなら「www.」も省略することが可能だ。
どうしてこうも余計なものがついているのかわからないが、SEOや膨大な量のページを管理する上では色々とあるのだろう。アマゾンの商品は検索でやたらと上位に表示されるようになっているし、アマゾンジャパンは海外配送もしているから、利用者のPC環境は様々だ。

商品ページへの短いURLを作るだけなら上記のようにすれば完成となる。


よく見かける、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002DRARLU/○○-22/」といったカタチ。

気になったのは、「exec/obidos/ASIN/」の部分だ。ASINと続く商品コードについては先に説明した。しかし、どうしてこの文字列なのか。外部のURL短縮サービスだろうか。

色々と調べたところ、この文字列はアマゾンの開発者向けのサービス「Product Advertising API」で使われているものらしい。なので公式には勧められていないが、正規の短縮方法ということになる。

ちなみに、
「http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002DRARLU/○○-22/」は、
「http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B002DRARLU/○○-22/」と、
さらに縮めることも可能だ。前述のとおり「www.」を消しても動作する。

昔からあって、よく使われているのはexec/obidos/のようだが、これだけ短ければすでに目的には十分適っているので、あとは個々人の好みで選ぶといいだろう。


ツール・画像リンク・その他 最新情報

1.作業の自動化

短くできるのは分かった。しかし、その作業が面倒だ。
自動化したいという面倒くさがり屋さんがいるに違いない(私だ)。

そこで狐の王国さんで配布されているAmazon Simple URI bookmarkletを紹介しよう。

「ブックマークレット」というのは、お気に入りに登録しておき、ページを開いた状態でクリックすると特定の動作をするプログラムのことだ。この場合、アマゾンの商品ページを開いた状態でクリックすると、アドレスバーの文字列が短縮された状態に置き換わる。アフィリエイトには「アサマシ版」を「右クリック+お気に入りに追加」の上、自分のアソシエイトIDに書き換えて使う。


2.画像付きリンク

画像付きのリンクを短縮して使いたい場合は、用意した画像に上記の方法で作ったアドレスを貼れば、見た目もソースも綺麗なものが作れる。
アマゾンのサーバーから直接画像を引き出すようにしたいと思うかもしれないが、デフォルトで提供されるソースはインラインフレームを使ってhtmファイルを呼び出しており、画像のアドレスが見えなくなっている。そのため、自分で画像をアップロードした方が簡単だ。(インラインフレーム理解すればアドレスは手動で出せるようになるが、それでも手間はかかり、わざわざそこまでするほどの価値は感じない)

画像ファイルを増やしたくないという場合は、作業を無料で代行してくれるところにamazletツールというところがある。前述の「Product Advertising API」に参加して開発されたもので、ウェブ上で手っ取り早くシンプルな画像リンクを作ってくれるツールだ。

その他に、アマザーというフリーウェアもあり、これは事前にダウンロードして使う。使いやすいようよく工夫されたツールで、テンプレート機能を使いこなせば、自分のサイト専用にカスタマイズした画像リンクを瞬時にパッと作れるようになる。アフィリエイト用のURLをジャンジャン作成する方には特に便利だろう。

先にアマゾンでは画像のアドレスが見えなくなっていると書いたが、これらのツールで確認することも可能だ。テンプレートのカスタマイズにはHTMLの知識が必要なので、自分でタグが打てる方は、アマザー。HTMLのタグ打ちには多少不安がある、あるいは、そんなに大量に生成するつもりはないという場合は、実際の見本を一括でたくさん表示してくれるamazletツールの方をおすすめする。

ちなみに、アソシエイトIDはちゃんと指定したものにしてくれるので、紹介料を持って行かれるような心配はまったく無用だ。


3.「ref=nosim/」

URLの最後に「ref=nosim/」と付けるとああなる、付けないとこうなる、という記事が検索で見つかる場合があるが、これは現在では無効になっているそうだ。有無に関わらず動作することは確認したが、それ以上の意味は特にないとのこと。


4.「ビデオストア」

> ビデオストアの商品は紹介料の対象になりません。
紹介料のページにあるこの文言が気になったのは自分だけではないはずだ。「ビデオ」には「映像に関する」という定義があるから。どのストアだよ、と。
確認したところ、これはVHSのことだそうだ。DVDやBlu-Rayは含まれない。




※おねがい:
状況は日々移り変わっています。上記の記事に関しまして、「ここは違う/変わった」等、お気付きになられた点がございましたら、メールフォームからご一報下さい。すぐに確認と訂正をさせていただきますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。





○更新履歴:
2010/02/01 記事修正
2009/09/19 ビデオストアについて追記
2009/09/05 記事修正
2009/09/04 記事修正・追記
2009/09/03 画像付きリンクの項に追記
2009/09/01 記事修正・アマザー紹介
2009/08/21 記事修正
2009/08/16 記事追記
2009/08/11 記事項目追加
2009/08/06 レイアウト修正
2009/07/27 記事アップロード

LINK FREE
(あさぎ月夜 > 情報ページ > AmazonのURL短縮の方法)

[サイトマップ]