伯備線 新見−布原(信)

1.2005年2月12日
DD51+14系シュプール編成 臨客
《アクセス》
新見駅から布原方面に500mほど。
途中陸橋を渡って駅の裏側に出て、製材所のある辺りまで歩き、
切り通しに沿った歩道から撮影。

道が狭いうえ途中で行き止まり(歩行者は通り抜け可能)なので車は入れないと思った方が良い。
《光線・レンズ》
上のアングルだと午前〜昼前後の上りが順光。
作例は時半頃の上り。70ミリ相当。
《コメント》
バックの街並みが若干うるさいが、駅に近いので、諸事情により駅から遠くに行けない場合や、
車両重視、光線重視であれば(作例は曇っているが)便利な場所だ。

2.2005年2月12日

381系 「やくも7号」
《アクセス》
1.の写真の逆アングル。
《光線・レンズ》
こちらは午後の下りが順光。
作例は11時半頃の下りで50ミリ相当。
《コメント》
---

3.2005年2月12日

381系 「スーパーやくも13号」
《アクセス》
1.2.の場所から布原方面に1.5キロほどの地点にあるカーブ。
新見から進むと近くに「矢崎部品」という工場があり、そこを過ぎてしばらく進んだ集落から、
線路際に出られる。
足場は5,6人くらいなら大丈夫そう。付近は生活道路ばかりで駐車スペースは無い。
《光線・レンズ》
昼前後の下りが順光。
作例は14時半頃の下り。50ミリ相当。
《コメント》
新見で鉄道撮影と言えば何と言っても一世を風靡した布原信号所だが、
煙が消え、電化されて以降、架線や信号ケーブル系統の機器変更により、
上質な撮影ポイントは無くなった。
あの「D51三重連」の鉄橋も現在は撮影不可能。
かつて撮影者が押し寄せ、屋台まで出現した伝説の撮影ポイントの姿は
遠い記憶と記録の彼方に消え、今の布原は静かな山里に戻っている。
と言う訳で、ここではトンネルの新見駅側の撮影ポイントを紹介。
この場所は日中の下り列車を順光で狙える。但し山影が多くきれいに日が差す時間は短い。
作例のように曇った時の方が撮りやすいかも知れない。

4.2006年1月15日

381系 「スーパーやくも10号」
《アクセス》
これは布原側から。信号所から道に沿って山道を登り、旧県道(と言っても細いが)に合流して
少し備中神代方面に歩くと、鉄橋を見下ろす作例の位置が見つかる。
足場自体は5,6人くらいなら充分可能だが、夏場は草木の成長の制約を受ける。
周辺の山道は狭く見通しも良くないので駐車の際は注意。
《光線・レンズ》
トップライトの場所。一応は午後が順光。作例は11時頃で150ミリ相当。
今後数年すると周辺の木々が成長してかなり撮り辛くなるかも知れない。

《コメント》
崖下に見える鉄橋がかつてのD51三重連鉄橋。
布原信号所は鉄道写真の歴史遺産?だ。俯瞰撮影が好きな方は一度体験あれ。

5.2007年1月6日

EF64+ゆうゆうサロン岡山 大社臨
《アクセス》
4.とほぼ同じ。少し立ち位置を変えて撮影。
《光線・レンズ》
作例は10時頃で100ミリ相当。ここも周辺の木々が視界を妨げつつある。
《コメント》
今年は暖冬で布原にも雪が無い。単なる冬枯れ景色の中を走るロクシク+岡サロ、
純岡山ブランドの大社臨。

6.2010年5月26日

381系 「やくも4号」
《アクセス》
布原を出て新見に向かう上り列車を生活道脇から撮影。
《光線・レンズ》
7時半頃で50ミリ相当。晴れると日陰っぽくなるので、曇りの日向き。
《コメント》
伝説の「三重連発車!」地点だが、現在はこのような形くらいでしか撮りようがない。

7.2010年5月26日

115系 普通
《アクセス》
6.に同じ。サイドから構えた。
《光線・レンズ》
6時半頃で35ミリ相当。
《コメント》
田植え直前で水鏡となっていた小さな田んぼがあったので、115系G編成の2連を収めた。
右端に写っているほこらは、かつての「布原信号所」「D51三重連」に青春を燃やした世代の
方達であれば見覚えがあるはず(鉄橋のひな壇お立ち台からちょうど見える位置にあった)。

8.2010年5月26日

キハ120 普通
《アクセス》
これも上記6.7.にほぼ同じ。鉄橋を向いて構えた。
《光線・レンズ》
7時20分頃で35ミリ相当。曇り。
《コメント》
昭和は遠くなりにけり…かつての上り出発信号塔の跡であるコンクリ土台の上には
雑草が茂っている。
そしてSL世代のファンなら誰もが歩いて渡った「伝説の三重連鉄橋」の下には
皮肉にも周囲の光景の中で一番目立つ鮮やかなオレンジゲートが建てられた。
勿論、あのひな壇状態だった鉄橋向こうのお立ち台は影も形も無くなり、列車通過時間以外は
清流の流れと鳥の鳴き声だけしか聞こえない、静かなジャングルに戻っている。

(懐)9.1983年10月2日

DD51+ヨ、ワム他 貨物
《アクセス》
もはや説明不要、三重連鉄橋のお立ち台から。
《光線・レンズ》
38ミリコンパクトでの撮影。午前10時頃と思われる。
《コメント》
作者は新見市出身のくせに?SL世代からは少し遅れて生まれているので、
この鉄橋ではDC、DL、また381系やくもしか撮影していない。
SLが消えた後も、昭和末期頃まではこのお立ち台では何とか撮影が出来ていた。
現在は上記8.のようにお立ち台の跡形は全く無くなっており、鉄橋を渡る事さえ出来ない。

10.2012年12月31日

381系 「やくも6号」
《アクセス》
1.のカーブの先にある踏切脇から。
《光線・レンズ》
9時半頃で135ミリ相当。
《コメント》
雪晴れの大晦日。県境の峠区間から降りてくる「やくも」。
線路が山影となる時間帯が長く、光線条件は曇りベターか。

11.2013年8月26日

381系 「やくも15号」
《アクセス》
3.のカーブをアウト側から撮影。
《光線・レンズ》
15時10分頃で50ミリ相当。
《コメント》
ケーブルが車両の手前にかかる事さえ気にしなければ(それこそが一番気になってしまうのだが)
急カーブ、急勾配の伯備北線らしい構図である。

12.2015年8月29日

DD51×2 回送

13.2015年11月10日

(DD51×2)+24系トワイライト編成 団臨
《アクセス》
上の2枚はいずれも10.に同じ。
《光線・レンズ》
DD51回送の12.は12時15分頃で100ミリ相当。
トワイライト団臨13.は9時半頃で100ミリ相当。
《コメント》
2枚いずれも曇り空での撮影。
回送の12.は、晴れていればDD51の正面が影になっていたと思われ、曇り空が幸いした。
逆に13.のトワイライトは、欲を言えば晴れて欲しかったところ。

トップページに戻る                   鉄道写真館に戻る