本文へスキップ

認定NPO法人ワンデーポート 

体験談

                         感謝の気持ちを忘れずに
                                               
                                               Tさん
  パチンコは、やってはいけないものとずっと思っていました。特に母親が毛嫌いしており、なおさらでした始めたきっかけは、たまたま時間ができなんとなくいってみようと思ったことでした。初めてのパチンコは、すぐに当たりあっという間に玉が増えていき短時間の内に、お金を手に入れることができ「これはおもしろい」と趣味もなかった自分にとっては、それは衝撃でした。たぶん30歳前のことだったと思います。

精神科に行っても解決しなかった 
 それからはのめり込んでいきました。最初からギャンブル性の高いばかり打っていました。母親にばれるのがいやでこそこそやっていました。こずかいの範囲を超えたのもすぐで、サラ金から借りた10万円もあっという間に増えていきました。借金なのですが自分のお金のようにどんどん使っていました。あっという間に増えた借金は、300万以上になりとても返せるものでなく、弁護士にお願いし結局自己破産しました。このころ、ギャンブルが止まらない自分は、おかしいのではと本を読んだり、精神科に行ったりしましたが解決しませんでした。ギャンブルで負けたお金は、ギャンブルで取り戻そうとやったことのない競馬まで手を出しましたが、さらに借金を増やしただけでした。負けるたびに空の財布を見つめて、「どうしてこうなるのだろう」といつも思っていました。

釧路→札幌→愛知→ワンデーポートへ
 自己破産の手続き中の1年間ほどは、ギャンブルも我慢していましたが破産が決まった途端に、「ちょっとくらいいいだろう」とまた始めてしまい前よりのめり込みひどくなりました。仕事が終わったら、まっすぐパチンコ屋に行き閉店までやる生活で、最後の方は、洗濯もできず、風呂も入らず、疲れ果てて仕事着のまま寝るひどいものでした。
サラ金からも借りられなかったので、ヤミ金に手を出しそれも返せなくなり1人暮らしをしていた、アパートから失踪という手段をとりました。当時住んでいた北海道釧路市から札幌市に行きましたが、知り合いもいるわけでもなく何の当てもありませんでした。失踪した後のことなど何も考えていませんでした。カプセルホテルや、サウナに泊まりながらパチンコをやる生活を続け「朝からパチンコが毎日できる」という思いでした。お金が無くなり、公園や地下通路などで寝たりしていました。札幌駅にいる時に声をかけられ、建築会社に騙されて入りましたが、仕事もなく、愛知県に行くことに決め建築会社も逃げ出しました。
 愛知県では、自動車部品を作る会社で、寮に入りながらの仕事でした。ここでもパチンコばかりやっていて、給料の前借りをしてまでパチンコをしていて場所が変わっても生活は何も変わりませんでした。ここでの仕事は、きつくやめることばかり考えていて、結局ここも逃げ出しました。逃げ出したものの、行くあてもなくパチンコやりながらサウナに泊まりお金が無くなったら日払いの仕事をしていましたが、とうとうお金が無くなり深夜名古屋市内の公園にいるところを、警察に保護されました。自分に捜索願が出ていることも知りました。弟が迎えに来てくれ、釧路に連れ戻されました。家族会議が開かれて「これからどうするのか」と言われても自分でもどうしたらいいのかわからず、うつむくことしかできませんでした。妹がいろいろと調べてくれ、ワンデーポートの資料もその中にありました。電話をしたら、「すぐに来なさい」と言われ借金のこともあり躊躇していましたが、家族とも相談していくことに決めました。

ワンデーポートを出て9年
 平成14年11月に横浜のワンデーポートに来ました。当時のワンデーポートは5〜6人しか利用者がいなかったと思います。寮に入りましたが、なかなか同室の仲間とはなじめませんでした。生活費の面でもお金がなく心配でしたが、瀬谷区で生活保護を受けられることになり、心置きなくミーティングに取り組めました。ミーティングに参加して驚いたことは。自分と同じ経験をしてきた仲間がいたことでした。ギャンブルをやめられずにいた時に、いつも「こんなことをしているのは自分だけだ」と思っていましたがそうではありませんでした。ミーティングを続ける中で自分のやってきたことのおかしさにも気づかせてもらいました。最初になじめなかった寮生活や仲間との関係も、ミーティングや行事をとおして仲間意識も深まったような気がしました。ワンデーポートでの1年数か月の生活は自分にとっての原点です。ワンデーポートを出てから9年になりますが感謝の気持ちを忘れずにこれからも焦らずゆっくりでいいのでやっていきたいと思っています。

認定NPO法人ワンデーポート

〒246-0013
横浜市瀬谷区相沢4-10-1

TEL 045-303-2621