タイトル
当院のご紹介
トリビアの泉編
ストレス治療
新しい治療法
当院の施術
主なテクニック
リンク集/その他
お問合せ
トップナビゲーション ホームページ E-Mail

■ストレスの解放方法が分かった

◆ヒントは「経絡」だった

◆アプライド・フィジオロジーとの出会い

◆経絡治療だけでは不充分

◆独自の治療テクニック

■キネシオロジーの発展

◆主要14経絡について

◆気には「調整弁」が必要

◆経絡システムと副経絡システムの発見

◆感情解放は、経絡治療と脳の統合で起こる

◆身体の痛みと心の痛みを治療

■オンサセラピーについて

◆オンサセラピーの特長

◆広島でオンサセラピーが出来るのは当院だけ

◆オンサセラピーにもセンスが必要

■心理療法について

◆心理療法の必要性

◆心理療法だけで充分だが

◆クライアントの同意が必須

■心理療法の臨床事例

◆ストレス治療だけのクライアントの急増

◆クライアントは、本当の原因を自覚していない

◆オンサの効果

◆胎児のストレスの存在

◆ストレスが嘘のように消えてしまう

■ストレス治療の実際

◆ストレス治療について

◆@ご相談内容を聞く

◆Aストレスカウンセリング

◆B目標の設定

◆Cストレス発生時点の特定

◆Dストレスの発生時点まで退行

◆Eストレスを伴う感情のクリア

◆ストレスでお困りの方へ

■ストレス治療で出来る事

◆ストレスの原因をつかむ

◆ストレスの影響度

◆隠されたストレスを顕在化させる

◆ストレス解放法の有効度

◆ストレスからの解放

◆なぜ経絡治療が必要なのか?

◆ストレスは放射線物質と同じ

■エネルギー療法(気功)で出来る事

◆エネルギー療法(気功)のきっかけはリンパ

◆エネルギー療法(気功)で出来ること

◆エネルギー療法(気功)は自律神経中枢の治療に有効

◆エネルギー療法(気功)の精神面への応用

■残留エネルギーの除去

◆なんとなく違和感を感じる

◆痛みの記憶

◆残留エネルギーの解放

◆残留エネルギーは、霊障にみえる

■土地や空間の浄化

◆空間にも残留エネルギーは存在する

◆残留エネルギーはマイナスエネルギーを引き寄せる

◆残留エネルギーのある場所に人は近づかない

◆残留エネルギーの影響

◆残留エネルギーの除去

◆残留エネルギーより恐いもの

◆ジオパシックストレス

■エネルギー療法とは

◆エネルギー療法について

◆エネルギーの渦

◆エネルギー療法は「場」の治療

◆身体の中で何が起こっているのか

◆エネルギーによりチャクラが閉じる

■リパターニングについて

◆リパターニングとは

◆筋肉情報のリパターニング

◆内臓情報のリパターニング

◆チャクラのリパターニング

◆リパターニングが一般化したものが音楽

■潜在意識のクリアニング

◆意識について

◆無意識について

◆集合無意識について

◆クリアニングについて

■花粉症の治療

◆自己免疫疾患

◆花粉症の症状

◆花粉症の治療

◆花粉症の治療手順

◆アレルギー反応は消える

◆アレルギー反応が消える訳

◆潜在意識が黒幕