タイトル
当院のご紹介
トリビアの泉編
ストレス治療
新しい治療法
当院の施術
主なテクニック
リンク集/その他
お問合せ
トップナビゲーション ホームページ E-Mail

■ストレス治療のキッカケ

◆治療効果の現れにくい患者さん

◆ガン患者さんの来院

◆治療効果の現れにくい患者さんの特徴

◆わかった事

◆わからなかった事

■ストレスについて

◆良いストレスとは

◆悪いストレスとは

◆今までのストレス解放

■ストレス治療の効果

◆痛みが消える

◆気にならなくなる

◆冷え症やアレルギー性疾患が改善する

■アルゴリズムの分類

◆トラウマ

◆不安

◆依存的衝動

◆恐怖症

◆うつ症状

◆怒りと憤怒

◆強迫観念

◆罪悪感

◆恥や困惑

◆身体の痛み

■あなたはストレスに強い人?弱い人?

◆ストレスに弱い4つのタイプ

◆1. まじめで几帳面な人

◆2. がんこで厳格な人

◆3. 内向的でおとなしい人

◆4. 取り越し苦労の多い人

■ストレス治療が本当に必要なクライアントの傾向

◆ストレス治療に抵抗がある

◆ストレスは自分自身でクリア出来ていると思っている

◆ストレスの発生源の記憶が無い

◆ストレス原因のほとんどは「怒り」です

◆ストレスが原因であれば手技療法は必要ない?

■ストレスが全ての元凶

◆ストレスと痛み

◆幼児のストレス

◆新生児のストレス

◆胎児のストレス

◆妊婦のストレス

■知られていないストレス治療

◆ストレスがクリアになると思っていない

◆ストレスについて

◆ストレスの許容範囲

◆ストレスの正体

■スイッチングについて

◆ストレスで何が起こるのか

◆スイッチングとは

◆スイッチングの徴候

◆全身性高緊張状態が起こると

◆スイッチングを修正する為には

■経絡とチャクラについて

◆経絡について

◆チャクラについて

◆知られていないチャクラ

◆チャクラの秘密

◆チャクラの治療

◆チャクラの治療は、エネルギー治療

◆エネルギー(波動)医学の必要性

■ストレスとヒプノセラピーについて

◆ヒプノセラピーとは

◆なぜ催眠療法に頼るのか?

◆クライアントへの負担

◆催眠療法よりカウンセリングの方が有効

◆潜在意識を顕在化させる

■ストレスと感情開放について

◆心理カウンセリングの効果と限界

◆ストレス治療は感情開放

◆感情開放だけではプラス思考にならない

◆人間は生まれながらにしてマイナス思考

◆作られたプログラム

◆免疫システムの正体は感情

■前世の影響について

◆前世のストレス

◆前世の影響

◆前世のこだわり

◆前世を知る意味