撮影のヒント集 プロの写真術

ネット通販で一生懸命撮影されているあなた。コマーシャル撮影の現場をのぞいてみませんか。
写真の心構えと、実際の仕事を自然体で伝えます。                    
[PR]

トップページ >  写真撮影のヒント集  > シズル感
[トップページ]
[ 写真撮影のヒント集 ]
[雑記帳]
[リンク集]

[プライベート作品集]

[写真業務]

シズル感
 料理撮影で頻繁に口にする「シズル」という言葉があります。「シズル感」「シズル撮影」などといいながら、実は語源や意味をハッキリ説明できる人はほとんどいないのでは?と思えるくらい漠然とした言葉です。
 有名コピーライターさんが、「ステーキなどの肉汁が鉄板の上でジュージューとしてる様子」などと説明されている記事を見たことがありますが、湯気や水滴など料理をより生き生きとおいしそうに見せる表現だと解釈してもいいと思います。


 さて実際の撮影ですが、レストランでハンバーグを注文し、目の前に運ばれて来たと想像してください。熱い鉄板の上で肉汁やソースがジュージューと音を立て、煙も上がっています。つまりこの瞬間を撮影することになります。時間がたてば、シズル感はなくなります。

 いずれ時間との闘いですが、やっかいなのが、湯気(煙)で、見た目ほど写真には写りにくいのです。 基本セッティングは料理撮影ですが、背景はできるだけ暗くして(黒い背景など)、さらに強く硬い逆光が湯気にあたるようにライトを追加します。
 ダミー料理を用意してもらい、熱い本番用と置き換えれば直ぐシャッターが切れるように備えます。

 そして、本番撮影ですが、ソースのジュージューとしている様子、湯気の量や形がベストな瞬間を見極めてシャッターを切ります。特に湯気は、多いと肝心な料理が見えにくくなり、少ないと写りにくい。また、立ち上る様子(形状)が自然でないとおいしそうに見えません。シャッターチャンスは多くないはずです。
 余談ですが、自然発生の湯気はコントロールが難しいため、写りやすく、手取り早いタバコやドライアイスの煙で代用することがありますが、やはり不自然な湯気になりがちです。


 シズル感を表現するテクニックやノウハウは料理撮影に携わるスタッフそれぞれの試行錯誤で編み出されるものです。しかしながら、シズルの状態は、いつでも、いつまでも、同じではありませんので、鉄板をあたためなおす。部分的にバーナーをあてる。料理を作り直す。と、なんども撮影します。一瞬のための根気強さがこの撮影の一番の秘訣かもしれません。

(実例を載せたいところですが、「人に見せられる」ものはそう多く撮れません。よってそんな写真は全て納品してしまい手元に残りません。 苦労した分、思い出は多いのですが・・・  残念です。)

前へ 次へ



当然の様にデジタル全盛です。しかし写真撮影の本質はアナログもデジタルも変らないと思っています。特に、どちらかにしぼって説明していなければ、共通とお考えください。
テーマは順序(段階的な)を意識した構成にはなっていません、ヒント集のようなものと思ってください。
随時思いついたアドバイスをアップして行こうと思います。また、質問等ありましたらお気軽にE-mailにてどうぞ。テーマの一つに設定し、お答えするかたちで対応出来るかと思います。

 [重要]
なお、当情報を参考にされ生じたトラブルには、責任を負いかねます。あくまでもご自身の判断で撮影して下さい。それがプロの鉄則です。

トップページ >  写真撮影のヒント集  > シズル感