新居浜の地名

地名とは土地が表現する、あるいは土地の上に表現された、いろいろの様子に名付けられた名称である。土地や領域に関する

各種情報の根幹であり、人との関係から言うと時代との層序の中で絶えず変化し経過を温存する歴史的・文化遺産である。

 

地名は広がる

地名はちょっとしたブームである。東京の大きな書店に行くと、ミニコーナーがある。しかし、大半の本は紹介文であったり

旧国名や県名のいわれと大地名である。新居浜のことは新居浜でローカルに考えるしかない。

でもグローバルに通用する考えでなければならないところが難しい。

 

地元の人に聞いた地名の由来

新田

金子村から分かれて新しくできた町。

泉池     

泉が噴き出たのでつくられた町。

西の端

中村の西の端の地という意味。

松神子

神話からできた名前と聞いている。

中萩

中村とは萩生の中と萩を取って「中萩」

中村

昔、新居浜郡と呼ばれていた頃、新居浜郡の中心の村であったと言うことから中村

という名前がつけられた。

馬渕

ここにあった渕で馬を洗っていたので馬渕となった。

泉宮

地下水が、豊富でどこを掘っても水が泉のように湧いていていたため。

 

 

ブラウザの「戻る」ボタンを押して戻ってください。