更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事

長崎県議・野本三雄の『長崎 夢、確かなカタチに!』

活動報告

長崎大学の潜在的パワーの活用 「航空学部」の増設を質問しました
2015/02/27
平成27年2月定例会の一般質問で、長崎大学における航空学部の増設について質問いたしました。

--------------------------------------
長崎大学は、パイロット養成との連携・相乗効果が期待される「工学部」や、ドクターヘリの運航に関係する「医学部」を持つ大学であり、私は、本件をパイロット養成の拠点としていくうえで、長崎大学に航空学部を増設することが必要であると考えております。

長崎大学の片峰学長は、大学のビジョンにかかるキーセンテンスのひとつとして、「世界に突出する大学」を掲げておられ、「地域に根差した研究でも世界に貢献するものであってほしいし、また世界観と国際的センスをもった研究者や高度専門職業人を育てたいと思います。」と述べておられます。

これはまさに、「世界的な需要を取り込んだパイロット養成の拠点化」という私の構想と合致するものであり、このような長崎大学においてこそ、世界の航空業界が求めている質の高いパイロット教育が可能になるものであると考えております。

長崎大学は国立大学法人であり、その経営の根幹にかかる学部の増設は、大学の理事会等の慎重な検討事項になろうかとは思いますが、県として長崎大学に航空学部を増設することを検討するよう積極的に働きかけるお考えはないのかどうか、その後見解をお伺いしたいと思います。

長崎空港の活性化 「パイロット養成」への取組みを質問しました
2015/04/02
平成27年2月定例会において、長崎空港を活用したパイロットの養成について、質問いたしました。

---------------------------------------------
長崎空港の活性化対策についてお尋ねをいたします。

シンクタンクの予測によりますと、世界の航空需要は、2032年には、2012年の2.6倍へと大きく拡大し、その中でもアジア・太平洋地域には、世界最大の市場となることが予測されております。

今年度、日本においても、パイロット不足のため、ピーチ・アビエーションが春から秋にかけて二千便もの決行を出すに至ったことは、皆様ご記憶に新しいところかと思います。

私は、この「世界的なパイロット不足」という社会的ニーズを絶好のチャンスとして、上手く捉えて本県に取り込み、雇用の創出をはじめ、航空関連産業による地方創生を図っていくことが重要であり、そのためには、長崎空港をパイロットの養成に積極的に活用することを検討していくべきであると考えております。

長崎空港は、海上空港で発着しやすく、騒音問題がクリアしやすい、訓練空域が広くとれる、発着枠にも余裕があるなど、パイロットの訓練に大変適した空港であります。

本件をパイロット養成の拠点として、いわゆる「優秀なパイロットが採用しやすい長崎県」として、創り込んでいくいくことで、そこに雇用や投資が生まれ、航空関連産業の集積が進むことはもちろん、この養成拠点を卒業した本県出身の学生が、パイロットとして世界の空を飛ぶという大きな夢のある話が生まれることになり、これがまさに、地方創生そのものではなかろうかと思います。

このような長崎空港を積極的に活用したパイロット養成について、県のご見解をお伺いしたいと思います。

後援会長よりご挨拶
2013/09/03
 平素は野本三雄君のため、格別のご高配を賜り、お蔭様で県議会においては農林水産経済委員会、防衛議連産業振興等雇用対策特別委員会委員、日中友好県議会議員連盟副会長、県議会拉致問題早期解決議員連盟副会長の要職にあって、県政の一翼を担い、私達の期待に応えて貰っております。

 ご案内のように、県庁舎建設問題は野本三雄君のライフワークとして自他共に認めるところであり、設計も順調に進み本年11月中には完成し、平成26年度より工事発注の運びとなっております。長崎県の経済活性化雇用の拡大、景気回復のためには地元企業参加のため、入札制度の見直しに向けて鋭意努力をされており、また期待も大きいものがあります。

 私共後援会も、今後とも全力を傾注し活動に取り組んで参りますが、長年に亘り御厚情を頂いております同志の皆様方に改めてお礼を申し上げますと共にさらなるお力添えを賜りますようよろしくお願い申し上げ、ご挨拶と致します。

     平成25年 9月
県議会議員野本三雄後援会
会長  徳永 清隆

諫干・開門対策工事予定箇所
2013/07/03
諫干・開門対策工事の予定箇所を視察しました。

県総合水産試験場
2013/07/01
農水経済員会の現地視察として、養殖魚を研究している件の総合水産試験場を訪れました。
(2)取り組み状況について説明を受けました。
(3)水産物加工の品評会です。なかなかの美味でした。

大村メガソーラー発電所
2013/06/26
農水経済委員会の現地視察として大村メガソーラー発電所を訪れました。
(2)(3)大村の九電用地です。

諫干・開門阻止総決起大会
2013/06/16
諫干・開門阻止総決起大会に参加しました。

新年のご挨拶
2012/01/01

 新年明けましておめでとうございます。

 同志の皆様方に於かれましては、ご家族お揃いでお健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。


 先の統一地方選に於きましては皆様方の絶大なご支援に依りまして、あの厳しい選挙戦を勝ち抜かさせて頂き大変有難く感謝を致しているところでございます。


 皆様方もご承知の様に昨年は3月11日東日本に於きましては、言葉では言い尽くせない未曾有の大震災に依りお亡くなりになられた方、行方不明の方々には心よりお悔やみ申し上げますと共にご冥福をお祈り申し上げます。又、家屋を無くされた方々には改めてお見舞いを申し上げ一日も早い復興を祈念いたします。


 さて、皆様方も御承知の様に全く先が見えない激動の時代が続いております。私共のどの業界を見ましても大変厳しい状況下にあります。特に米のリーマンブラザーズの破綻に伴い未だリーマンショックが続いております。


 同志の皆様もご承知の様に野本県議に於かれましては第83代副議長も経験されました。現在県議会環境生活委員会委員長、経済雇用災害対策特別委員、日中友好長崎県議会議員連盟副会長、観光振興長崎県議会議員連盟幹事長の要職にあり、真剣に取り組み郷土長崎県の景気回復、活性化、長崎県民の生活の安定化のため努力精進致しているところでございます。


 私共後援会も、今後共全力を傾注し活動に取り組んで参りますが、長年に亘りご厚情を頂いております同志の皆様方に改めてお礼を申し上げますと共に更なるお力添えを賜りますよう宜しくお願い申し上げ、新年のご挨拶と致します。


平成24年元旦
県議会議員野本三雄後援会
会長  徳永 清隆

長崎県議五期目を拝命しました(2)
2011/04/11
選挙期間中は、東日本大震災後の自粛ムードの中、こんな時こそ即戦力が必要だと多くの皆さまに激励をいただき、大変心強く感じました。
活動を支えていただいた後援会の皆さまを始め、ひと声かけていただき、車窓に手を振っていただいたおひとりおひとりの思いに、必ず応えなければならぬと決意を新たにしております。

長崎県議五期目を拝命しました(1)
2011/04/11
平成23年4月10日に実施された統一地方選挙に於いて、長崎県議会議員五期目の任を賜りました。
ご支援いただいた皆さま、あえて苦言を賜った皆さま、全ての皆さまに感謝し、全力で務めさせていただきます。

前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board -

更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事