更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事

長崎県議・野本三雄の『長崎 夢、確かなカタチに!』

県政研究

2013年 9月

着工間近!長崎新県庁舎(2)駅周辺エリアの開発計画

長崎駅周辺エリア整備計画の概要 図をご覧いただこう。新幹線導入が予定されるJR長崎駅周辺は、新県庁舎を含む総合的な整備計画が進行中である。図の赤い表示が新県庁舎部分で、平成25〜29年の短期整備プログラムの実施事業となっている。県庁舎と防災緑地を活用した、交流施設の整備・並びに水辺のプロムナードの部分的な整備が行われる。

緑で表示されている中期整備プログラム(平成30〜34年完成予定)では、新しい駅舎の建設を含む連続立体交差の整備、新幹線導入後のアクセス整備、インフォメーションセンターや駐車場の整備、バスターミナルの更新、電停のバリアフリー化、駅前交通広場の整備、そして新しい駅舎と離島航路を結ぶ動線の整備(シャトルバスの運行、歩行者通路の整備)が実施される。

青いラインで示される長期整備プログラム(平成35〜44年完成予定)では、駅の西側から東側に至る土地区画整理事業、低炭素型まちづくりの推進、良好な景観形成の推進、二十六聖人殉教地の保全と活用、旭大橋の低床化・東伸による浦上川東西の連携強化、アーバンデザインシステムによる公共施設などのデザイン調整などが予定されている。

今後20年で長崎の街は大きく様変わりすることになる。住みやすさ・生活しやすさと共に、長崎を訪れるお客様にアピールする街づくりがなされることになるだろう。住民が地域の計画づくりに積極的に参加し見守ることが肝要だ。
県政研究
毎月1日に更新しています。
県議会や委員会で質問した内容のほか、さまざまな県政に関する課題を検討しています。
皆さまのお声を、ぜひお寄せください。
▼過去の県政研究を読む

更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事