更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事

長崎県議・野本三雄の『長崎 夢、確かなカタチに!』

今月のトピックス

2012年 8月

節電は大切、でも身体のために適度なエアコン利用を!

暑い夏の午後:イメージ写真・提供『ゆんフリー写真素材集』 節電の夏がやってきた。原子力発電所の再稼働については安全性を懸念する声が多く、日本国中、電力供給は昨年に増して厳しい状況にある。しかし電力会社の悲観的な予想に反して、真面目な日本人の節電意識はしっかりと効果を表しているようだ。

九州電力管内では、この夏10%の節電が呼びかけられている。だが、節電に効果のあるLED電灯などの家庭用電化製品も普及してきているし、グリーンカーテンやスーパークールビズも浸透している。あまりに徹底し過ぎてエアコン利用を節約し体調を崩す方もあるので、利用する部屋数を限るなどの工夫をして、ぜひ熱中症対策だけは心がけていただきたい。

炎天下の活動を避けられない方は、ダラダラ汗をかいているような時は是非、スポーツドリンクを飲用して欲しい。水だけではだめで、塩などのミネラルが汗として流出することで、本人が自覚している以上に体内バランスが崩れている場合が多い。また、暑過ぎて消化器官に負担が出ると普通の水が吸収しにくくなるので、十分に水分を摂っているつもりでも体内に行き渡っていない場合がある。塩やカロリーの制限のある方は、主治医に早めに相談しておくことが大切だ。

高齢になると、自分の体温に対する感度が鈍ってくる。意識の上でも、我慢強く、節電の呼び掛けに真面目に応えようとする方が多いに違いないが、体温調節が難しくなっていることも自覚して、意識的に涼しく過すことが大切だ。汗をかいてないからと言って安心はできない。昼間、炎天下で過した影響が夜になって表れる場合もある。おかしいと思ったら早めに病院を受診していただきたい。

(写真:『ゆんフリー写真素材集』Photo by (c)Tomo.Yun
今月のトピックス
毎月1日に更新しています。
地元・長崎の話題を中心に、季節の話題から行政の話まで、肩のこらない読み物にしたいと考えています。
▼過去のトピックスを読む

更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事