更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事

長崎県議・野本三雄の『長崎 夢、確かなカタチに!』

今月のトピックス

2012年 2月

今年の長崎ランタンフェスティバルは2月6日まで、お忘れなく!

2012年長崎ランタン祭のポスター(右)とメインオブジェ『祥龍戯珠』今年の長崎ランタンフェスティバルは例年より開催が早く、1月23日にはもう始まっていて、2月6日には閉幕となる。いつものように2月始めだと思ってのんびりしていたら見物し損なうのでご注意いただきたい。中国の春節祭(太陰暦の正月)を祝う祭りなので、太陽暦のカレンダー上では毎年開催日が違ってしまうのも仕方が無い。来年2013年の開催は2月10日(日)〜2月24日(日)と、今年とは半月ほどもずれてしまうのだ。

毎年、メインオブジェはその年の干支にちなんだものが作成され、今年も3体の龍が珠(たま)と戯れる『祥龍戯珠』というおめでたい作品が湊公園に展示されている。龍は四神(しじん:古代の五行思想に基づき四方に配される想像上の動物)のひとつとして中華街の東方・青龍門(江山楼付近)にも飾られているので、メインオブジェと併せて見学してみるのも良いだろう。ちなみに白虎門はダイエー付近、朱雀門は湊公園付近、玄武門は銅座川付近にある。

倒福の飾りものランタンの模様や垂れ下った飾りによく見られるのは、倒福と呼ばれる逆さの福の文字だ。一説には明代の権力者の横暴を避けるために貼った目印に由来するとも言われるが、宋代の記録にも残っているらしいから、単純に『倒福=到福』と発音が同じ”福が到る(来る)”を表した縁起ものというのが正解だろう。門松飾りと同じく、商店などのかどぐちに外に向けて貼るのが一般的だが、一般家庭の室内に飾られることも多い。我が家の幸福を願って、お土産に買って帰るとよいだろう。

『福到(fu dao) 』といえば、『福島』も実は同じ発音だ。四声(中国語の音の抑揚)は微妙に違うかもしれないが、この際福の神には多めに見ていただいて、昨年の大きな災いを180度ひっくり返した大きな福が、かの地にもやって来ることを期待したい。
今月のトピックス
毎月1日に更新しています。
地元・長崎の話題を中心に、季節の話題から行政の話まで、肩のこらない読み物にしたいと考えています。
▼過去のトピックスを読む

更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事