更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事

長崎県議・野本三雄の『長崎 夢、確かなカタチに!』

県政研究

2010年12月

長崎県総合計画の基本理念(1)人が輝く長崎県

長崎県総合計画の基本理念(1)人が輝く長崎県

先月ご紹介したように、10年後の長崎県のあるべき姿を見据えつつ、今後5年間(平成23〜27年度)における県の重要な取組を計画する『長崎県総合計画』がまとめられた。その基本理念3点と政策の柱10点について、今月より三回に分けてご紹介する。
今月は「基本理念1.人が輝く長崎県」についてご紹介する。

基本理念1. 人が輝く長崎県

県民の皆さんが安心して日々の暮らしを送るとともに、さまざまな地域や産業分野を支える人が育ち、活躍できる長崎県を目指す。この基本理念に基づき、以下の3つの政策の柱が設定された。

政策1. 未来を託す子供たちを育む

家庭や学校、地域、企業、行政がともに力を合わせて、県民総ぐるみで子育て支援に取り組むとともに、子供たちの豊かな心を育て、個性や力を伸ばす教育をすすめる。

  • 子供の伸びやかな育ちへの支援
  • 子供たちの個性を活かし、能力を伸ばす教育の推進
  • 豊かな心と志を持ってたくましく生きる力の育成
  • 家庭や地域の教育力・養育力の向上

政策2. 一人ひとりをきめ細かく支える

県民一人ひとりの思いや痛みを敏感に感じ取り、向き合いながら、日々の暮らしをきめ細やかに支援する。

  • 医療をみんなで支える体制づくり
  • きめ細かいセーフティネットの構築
  • 安全・安心な消費生活の実現
  • 食の安全・安心の確保

政策3. 人を育てる、人を活かす

いきいきとした生活を送るための健康づくりや誰もが生きがいを持って社会参加できる環境づくりに取り組むとともに、様々な産業や地域を支える人材を育てる。

  • 全ての人の社会参加への支援
  • 県民の健康と元気づくりへの支援
  • 産業を輝かせる人づくり
  • 地域を輝かせる人づくり

野本の視点:知育・体育・徳育・食育のバランス、学校・地域・家庭の場の連携

諸政策の中で私が注目するのは、まず「豊かな心と志を持ってたくましく生きる力の育成」という政策の柱が設けられたことである。『志』という語を用いたところに、政策立案者の意思が感じられる。今回の計画では子供の教育について、知育・体育に加え精神的な豊かさ・たくましさの醸成が大きく取り上げられている点、特徴的だと考える。私としては更に『食育』を加え、精神と肉体の健全な育成を進める政策に取り組んでいきたいと考える。

また、「学校・地域・家庭の連携による子どもの育成」として『学校支援会議』を設置して連携を図るほか、ココロねっこ運動等の推進により県民総ぐるみの子育て支援を推進するとしている点も、高く評価したい。枠組みを設定するだけでなく、それらをうまく機能させるための仕組みづくりが肝要であると考える。モデル地域を設定し試行錯誤することを提案したい。

県政研究
毎月1日に更新しています。
県議会や委員会で質問した内容のほか、さまざまな県政に関する課題を検討しています。
皆さまのお声を、ぜひお寄せください。
▼過去の県政研究を読む

更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事