更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事

長崎県議・野本三雄の『長崎 夢、確かなカタチに!』

県政研究

2010年11月

10年後を見据えた『長崎県総合計画』の素案がまとまりました

長崎県総合計画の8つのキーワード

時代の潮流を捉え、10年度の長崎県のあるべき姿を見据えつつ、今後5年間(平成23〜27年度)における、県の重点的な取組を示す『長崎県総合計画(仮称)』の素案がまとめられた。

これまでの10年間、長崎県は『長崎県長期総合計画』(平成12年度)と『ながさき夢・元気づくりプラン』(平成17年度)を策定し、指針として政策に取り組んで来た。

今後の10年間の方向性を示す今回の計画では、「人が輝く、産業が輝く、地域が輝く長崎県づくり」を基本理念として、活気にあふれ日本や世界の中で輝く長崎県の実現を目指している。本計画に取り組むに当たり、県は次のような基本姿勢を打ち出している。

  • 地域の生の声や県民のニーズの把握、分かりやすい情報発信に努め、県民主役・地域主役の県政を推進する。
  • NPOやボランティア、各種団体などとの協働、市町・大学・企業との連携を進めることにより、県民の「総合力」を結集して計画の実現に取り組む。
  • 各施策に数値目標を掲げ地域の実情に合ったきめの細かい取組を展開することにより、計画の実現に全力で取り組む。
  • 各施策の進捗状況を毎年度点検・評価し、次年度の取組につなげるなど徹底した検証と見直しを行う。

県はこの基本姿勢に従って、今後5年間の数値目標を計画に合わせて発表している。このホームページでは、次回より更に詳しく、この計画の内容を検討してみたいと思う。

県政研究
毎月1日に更新しています。
県議会や委員会で質問した内容のほか、さまざまな県政に関する課題を検討しています。
皆さまのお声を、ぜひお寄せください。
▼過去の県政研究を読む

更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事