更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事

長崎県議・野本三雄の『長崎 夢、確かなカタチに!』

一問一答

2009年12月

県議会副議長ってどんなお仕事をするのですか?

県民の質問
野本先生は、県議会の「副議長」さんになったそうですね。どんなお仕事をするのですか?
野本の回答
副議長は、議長を補佐する役目です。
議長は、議会の運営や秩序の保持を行うほか、対外的に議会を代表した活動を行います。具体的には、議会の審議がスムーズに行われるように、議事の進行に注意を払います。また、議会を代表して、いろいろな会議や大会などへ出席し、県民の皆さんの声をお聞きしたり、国や関係機関などに対して意見を言ったりします。
副議長は、議長のこうした活動を補佐するとともに、議長に代わってその職務を行う場合もあります。
県民の質問
議長さんや副議長さんは、議会が無いときにはどんなお仕事をしているのですか?
野本の回答
議長は、主に全国の都道府県議会議長との会議や各種大会への出席、国に対する要望活動などの行事を行っています。
副議長は、副議長としての公務以外に、議長の代理として、会議などへ出席します。また、これまで通り、環境生活委員会、行財政改革特別委員会等に所属し、一議員として活発に活動しています。
県民の質問
議長さんや副議長さんは、みんなの意見の調整役ですよね。自分の意見は言えなくなるのですか?
野本の回答
議長は議会の代表者ですので、ご質問のように執行役や調整役としての役割が大きくなります。副議長は、議長の代理として活動する以外に、委員会での活動も行っており、これまで通り一議員として、皆さんの声を議会活動に反映していきます。
県民の質問
今年の2月の議会から、委員会などの役割が変ったと聞きました。議長さんや副議長さんの仕事も変ったのですか?
野本の回答
一般質問では、これまでの一括質問方式(議員が質問事項を全て質問した後に、知事などがまとめて答弁する。)のほかに、一問質問するごとに、答弁を行う一問一答方式が採用されています。傍聴者の方には、質問・答弁内容が非常に分かりやすくなるとともに、緊張感のあるやり取りが伝わってくると思います。議長、副議長も審議が円滑に進むように、議会運営に最新の注意を払っています。
また、副議長は、予算について集中して審議を行う予算特別委員会の委員でもあります。その中で、予算内容について慎重な審議を行っています。
一問一答
毎月1日に更新しています。
県民の皆さまにいただいたご意見・ご質問を、私が調べたり、関係部署に問い合わせてお答えしています。
一級建築士としての野本三雄にご質問をいただくこともございます。
皆さまのお声をお待ちしています!
▼過去の一問一答を読む

更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事