更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事

長崎県議・野本三雄の『長崎 夢、確かなカタチに!』

県政研究

2009年11月

諫早湾干拓地・営農1年目の実績

諫早湾干拓地・ミニトマトのハウス栽培
諫早湾干拓地では昨年4月からの本格営農の開始から一年半を経過した。干拓地はミネラル分が豊富な土壌であり、広大で平坦な全国有数の大規模な区画を生かした営農が行われている。また、干拓地の農業者は全員がエコファーマーの認証を受けるなど環境に優しい農業にも努めており、本県の21世紀の環境保全型農業のモデルとして、安全・安心な食料生産を目指し取組んでおられる。

昨年4月から672haの干拓農地で41経営体が本格営農を開始し、今年3月までの1年間、春・秋2回の収穫が行われる等延べ作付面積は干拓農地の2.1倍の1,435haに達した。また、栽培品目は約40品目、ばれいしょ・レタス・たまねぎ・はくさい・にんじんなどの露地野菜や、ミニトマト・菊などの施設栽培が行われている。これらの作物は全国に出荷され、市場関係者から高い評判を受けた。

収穫量(H20.4〜H21.3)
主な品目
収穫量(t)
  ばれいしょ
約  6,500
  レタス
約  2,000
  はくさい
約  2,400
  にんじん
約  1,000
  たまねぎ
約   400
    計
約 12,300
(上の写真:諫早湾干拓地・ミニトマトのハウス栽培)
諫早湾干拓地・ばれいしょ栽培
(諫早干拓地・ばれいしょの栽培)
諫早湾干拓地・ばれいしょ収穫
(諫早干拓地・ばれいしょの収穫)
諫早湾干拓地・レタス収穫
(諫早干拓地・レタスの収穫)
県政研究
毎月1日に更新しています。
県議会や委員会で質問した内容のほか、さまざまな県政に関する課題を検討しています。
皆さまのお声を、ぜひお寄せください。
▼過去の県政研究を読む

更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事