更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事

長崎県議・野本三雄の『長崎 夢、確かなカタチに!』

一問一答

2009年 6月

もう一度、豚インフルエンザについて。もう大丈夫?まだまだご注意を!

県民の質問
豚インフルエンザに怯えた5月でした。長崎県での対応はどうなっていますか?
野本の回答
長崎県の要望を受けて、各医療機関が対応を準備し、5月1日、県内14カ所の発熱外来が設置されました。発熱外来とは、感染の疑いがある人と一般の患者の受付を分けて、感染の疑いがある人を隔離した状態で診察する専用の窓口を言います。
インフルエンザにかかったな、と思ったら、まず保健所に連絡。長崎県の新型インフルエンザ対応の保健所については、先月のこのページで紹介しています。
保健所の指示に従って、お近くの発熱外来を受診することになります。発熱外来の連絡先を下にご紹介しています。
5/22の長崎県新型インフルエンザ対策本部発表の方針では、県内において、現在発生しているインフルエンザは大多数がB型であるので、A型と確認された場合は発熱外来を受診させるべきだとしています。
なお、当初「新型」インフルエンザとして想定されていたのが強毒性の鳥インフルエンザであったため、今回のインフルエンザの対応は柔軟な方向に修正されています。 ・学校、保育所、福祉施設など罹患者が発生した場合はその施設のみ休業とし、罹患者の兄弟等は自宅療養させる必要があるが、当該人が通っている学校等の休業まで強制すべきではない。
・ 当該地域内の複数施設で罹患者が発生した場合等は、その地域を休業のエリアとすることが望ましい。
・ 少なくとも県内で第1例が発生するまでは、集会・イベント等の規制は不要と思われる。…などとしています。
県民の質問
最初の一か月がなんとか過ぎたので、長崎県はもう大丈夫かなという気がします。
野本の回答
5/27、最近ハワイに渡航された県内在住のご家族が、新型インフルエンザ感染の疑いで検査を受診されました。幸い、旧来のインフルエンザであったと判明し、関係者は胸をなでおろしました。しかし世界的な流行が落ち着くまで、このような心配は常につきまといます。
今回のインフルエンザは、たまたま毒性の弱いものでした。かかってしまっても、健康な方ならそれほど重症化するおそれはありませんが、慢性疾患(糖尿病や喘息)の患者や妊婦など重症化しやすい方もいらっしゃいますので、周囲の方は特に、感染を防ぐ対応を続けていただく必要があります。
またWHOでは、「夏以降の新型インフルエンザの第2波の到来」について警告しています。米国の砂漠地帯や中東でも感染確認がされているので、このウィルスが夏に弱るものなのかが懸念されます。
医療関係者は、過去の新型インフルエンザの流行がほとんどが複数回、波状攻撃のように到来しているため、夏以降または秋以降の第2波、第3波を重視しています。
5月に味わった緊張感を維持するのは大変ですが、関係部門の方ばかりでなく、市民が常に危機感を持って対応し続ける必要があります。
県民の質問
長崎への修学旅行が次々にキャンセルされていると聞きました。いろいろな方面に影響が出ていると思いますが、どんな対応をしたらよいのでしょうか?
野本の回答
観光庁は5/26、新型インフルエンザの流行により修学旅行を延期したり、中止したりした学校が2001校にのぼったと発表しました。旅行の行き先の内訳は、国内が1598校、海外が403校だったそうです。
また、長崎市の新型インフルエンザ対策本部の報告によれば、5月19日〜6月の間に長崎市への修学旅行を予定していた大阪府、兵庫県などの5校583人が中止、39校6744人が延期。関西方面の中学校を中心に35校が平和学習をキャンセルしたということです。
長崎市は患者が確認されない段階でこのような状況に陥っています。まして患者が発生した場合、風評による業績悪化は目に見えています。 神戸三宮では臨時休業があったり、夜は人が出歩かずにゴーストタウンのような状況になっているそうです。
行政側では、新型インフルエンザによる業績悪化に対する融資の強化を経済産業省が要請したり、長崎市が市内への修学旅行を中止・延期した全国の学校に対し、田上長崎市長名で振り替えの修学旅行の行き先に長崎市を選ぶよう求める請願書を送ったりという対応が開始されています。
また、風評被害対策という面では、一般市民の側でも、患者が発生する前に対応を考えておく必要があります。
不特定多数の顧客が集まる店舗等の場合、お店のスタッフ等に患者が発生したらどれほどの影響を受けるか想像してみてください。感染者が入院又は自宅待機となり、店舗が清掃・消毒されれば翌日からでもその場所への訪問は可能なのですが、客足が遠のいてしまうのは避けられないでしょう。会社などでも同様です。
店舗スタッフや自社の社員の感染が確認できたら、出勤前に連絡させ休ませるという体制を徹底した上で、それを事前にWEBサイトや店頭の張り紙などで説明しておいてはいかがでしょう。いざ、自分の地域で患者が発生した時に、うちでは対策していますと顧客に伝えるための準備になります。
地域 長崎県 発熱外来設置医療機関 電話
長崎 長崎市立病院成人病センター 095−861−1111
長崎大学病院 095−819−7200
国病・長崎病院 095−823−2261
佐世保 佐世保市立総合病院 0956−24−1515
県央 市立大村市民病院 0957−52−2161
国病・長崎医療センター 0957−52−3121
国病・長崎川棚医療センター 0956−82−3121
日赤長崎原爆諫早病院 0957−43−2111
県南 長崎県島原病院 0957−63−1145
県北 北松中央病院 0956−65−3101
五島 長崎県五島中央病院 0959−72−3181
上五島 長崎県上五島病院 0959−52−3000
壱岐 壱岐市民病院 0920−47−1131
対馬 長崎県中対馬病院 0920−54−2024
一問一答
毎月1日に更新しています。
県民の皆さまにいただいたご意見・ご質問を、私が調べたり、関係部署に問い合わせてお答えしています。
一級建築士としての野本三雄にご質問をいただくこともございます。
皆さまのお声をお待ちしています!
▼過去の一問一答を読む

更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事