更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事

長崎県議・野本三雄の『長崎 夢、確かなカタチに!』

今月のトピックス

2008年 10月

麻生自民党始動。
麻生が、やりぬく。まずは、景気だ。

麻生自民党始動。麻生が、やりぬく。まずは、景気だ。

麻生太郎内閣が発足した。実務型の布陣で、政治空白を最小限に収め、難局に取り組もうとする気概がうかがえる。

福岡が地元の麻生先生は、長崎県連のメンバーにとってもなじみ深い方であり、九州の状況をよくご存じであるから、産業振興対策や新幹線整備の推進など九州の懸案事項について、これまで以上の細やかな対応をしていただけるのではないかと期待している。

それにしても先月のトピックスのマンガの話題の中で、麻生太郎幹事長(当時)に触れた時には、まさか翌月のトピックスにこんな記事を扱うことになるとは、露ほども思っていなかった。

このひと月の騒動の中で、多くの方々からご心配やお叱りの言葉をいただいたが、まさか今この時期に、というのは私や自民党員の同志たちにとっても「同じ」、というよりむしろ「より以上に」驚嘆すべき事件だったのである。

麻生新総裁誕生に際し、自民党は上に掲載した2パターンのポスターを用意した。熱く語る麻生総裁のアップを色違いのグリーンとイエローの地に配し、ふたつのコピーをつけた。
曰く、「麻生が、やりぬく。」「まずは、景気だ。」。

世界的な金融不安に翻弄される日本経済の舵取りは、一刻の猶予もならない。そしてもちろん、リーダーたるもの、『やりぬく』姿勢がなければ人はついてこない。このコピーを書いた人の溜息が聞こえるようだ。

ポスターの左に配した写真は麻生先生の公式サイトからお借りしたものだ。写真のように穏やかな人懐っこい表情が人を惹きつけてやまない麻生先生であるが、右のポスターのような顔をくしゃくしゃにして力強く訴える表情、それがこれほど絵になる政治家は少ないように思う。党首のアップだけで訴求力を持ったポスターというのは、小泉首相を思い起こさせる。

政局は予断を許さぬ状況だ。しかしこのポスターの力強さが、小泉政権のような長期安定政権の誕生を予感させてくれる。ぜひともそうあって欲しい。なすべきこと、『やりぬく』べき問題は山積しているのだから。

今月のトピックス
毎月1日に更新しています。
地元・長崎の話題を中心に、季節の話題から行政の話まで、肩のこらない読み物にしたいと考えています。
▼過去のトピックスを読む

更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事