更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事

長崎県議・野本三雄の『長崎 夢、確かなカタチに!』

一問一答

2007年12月

野本三雄の「新・長崎づくり10の提案」は、どうなっていますか?
その取り組みはどうしていますか?

県民の質問
先の県議選挙の時、野本議員は「新・長崎づくり10の提案」をしましたが、もう一度内容を教えてください。
野本の回答
次のような提案をしています。『@バリアフリーの街づくりA県審議会などへの女性の登用Bスポーツや社会活動の指導者養成と少年グループの育成C西九州新幹線早期完成Dアンゼラスライン道路の早期完成E伊王島大橋の早期実現F諫早湾干拓の町づくりG新長崎漁港の用地利用の高度化H「長崎中国年」の開催I長崎港のコンテナ港整備と鍋冠山など景観づくり』の10項目です。
県民の質問
「長崎中国年」というのは聞いた覚えのない言葉なのですが、どのような取り組みをしていますか?
野本の回答
確かに、議会で主張しているのは私だけというのが現状です。しかし、宿泊観光客は長期的に減少傾向であり、県当局が力を入れている観光行政は、目標が散漫であると思います。
長崎の特性を活かすには、観光客が増加している中国・韓国・台湾に眼を向けるべきだというのが私の意見です。同意見の仲間を増やして“風を呼びたい”です。今月の「県政研究」で私の意見を見てください。
県民の質問
「バリアフリー」や「県審議会の女性登用」は、あまり話題になっていませんが、どうなっていますか?
野本の回答
バリアフリーについては、役所の建物、道路の歩道、公営住宅の改造で段差無し・トイレの改善などが取り組まれています。建築基準法の改正でホテルや大規模店などの施設基準が高められています。
県審議会の女性登用については、委員数は平成18年度で目標の30%にほぼ到達し、更に目標を上げています。意識調査では学校や法律では男女共同参画が高く認められているが、一般的には男優位社会だとの認識が高い。議会活動、委員会質疑で改善に努めています。
県民の質問
西九州新幹線、諫早湾干拓や伊王島大橋のことは、新聞報道も多いのですが、「アンゼラスライン」や「権現山」は、聞くことがないようですが?
野本の回答
アンゼラスラインは、長崎の港を稲佐山の中腹部でぐるりと巡る整備された道路を造ろうという構想です。既存の道路改良で取り組まれています。私がネーミングしたもので、“役所公認”までにはなっていないのが残念!長崎らしい良い名前だと思うのですが、いかがでしょうか。
「権現山」の整備は、女神大橋周辺の開発も含めて長崎市が総合的に取り組まれています。長崎港は県管理港湾ですから県も協力して行くように議会活動をしています。港湾整備の予算額が削減されることが悩みです。長崎港に昔日の光を取り戻しましょう。
一問一答
毎月1日に更新しています。
県民の皆さまにいただいたご意見・ご質問を、私が調べたり、関係部署に問い合わせてお答えしています。
一級建築士としての野本三雄にご質問をいただくこともございます。
皆さまのお声をお待ちしています!
▼過去の一問一答を読む

更新情報 | ブログ | トピックス | 県政研究 | 一問一答 | 活動報告 | 議会質問検索 | これまでの記事