今月のトピックス

大型天体望遠鏡のあるところ
夏休みは家族で星の観察をしましょう!

県民の森天文台の望遠鏡夏休みは、親子家族連れでの楽しい思い出づくりに、夏の夜空の星を見に行きませんか。

家族連れで行ける県下の大型天体望遠鏡があるところをピックアップしてご紹介します。開館状況は事前に電話などで確認してください。

長崎市油木町の「長崎市科学館」。1億7千万円で購入したドイツ製70cm反射望遠鏡は圧巻。さすがは長崎市公営だ。月曜日は休み、夏休み期間の夜間天体観望会は月曜日を除いて毎日開催とのこと。昼間はプラネタリウムの全天周漫画映画など一日中楽しめる。電話095-842-0505

県民の森天文台」は、県営施設。夏休みには毎週金土に開館。町村合併で長崎市になった琴海の山の中にあるから、県民の森のロッジやオートキャンプ場などに宿泊がおすすめ!キャンプ器具は貸与品、燃料は売店がある。カップラーメンなどは売店にあるが、食材は車に積んで行こう。道はくねくねと判り難いが、道案内は県民の森天文台で指導に当たっているボランティアの“森の案内人天文部会”のホームページが詳しい。20cm屈折式天体望遠鏡は車椅子に乗ったまま使える。電話095-924-1660

白木峰コスモス花宇宙館」は諫早市高来町白木峰高原にあるユニークな市営施設。入館料無料、駐車料300円。月曜休館。金土日は午後10時まで開館!昼間は諫早駅前からバスがあるが、夕方からの利用は自家用車で行くこと。“コスモス”とは宇宙のことを、そのように言うのだそうだ。運営は民間委託でサービス万点。250mm屈折式天体望遠鏡は、日中でも星が見える。電話0957-23-9003

雲仙諏訪の池ビジターセンター」雲仙市の諏訪の池湖畔に昨年新設された国営施設。入館料無料。水曜が休館日。夏休み中は夜10時まで開館。口径25cm最大倍率650倍の屈折式望遠鏡。諏訪の池周辺の自然紹介の展示がある。「休暇村雲仙」に隣接し近くにロッジやキャンプ場がある。電話0957-76-5010

五島鬼岳天文台」は、五島市の鬼岳山麓にある市立の天文台。観望料は子ども150円、高校220円、おとな300円。長崎からは船旅を楽しめる。五島市には、民宿、ホテル、旅館、キャンプ場もある。市街地から約30分のドライブで、私はホテルから軽自動車のレンタカーで行った。鍋をふせたような鬼岳のスロープの麓で鐙瀬溶岩海岸がめずらしい風景だった。電話0959-72-8920
県民の森天文台
参考:
長崎市科学館 852-8035長崎市油木町7-2
白木峰コスモス花宇宙館 859-0307諫早市白木峰町828-1
雲仙諏訪の池ビジターセンター 854-0051 雲仙市諏訪の池
五島市鬼岳天文台 854-8501 福江市1−1(福江市役所)

おおむらざくら 玄海つつじ 水仙 はまゆう あじさい かのこゆり 梅 つくししゃくなげ
長崎県議・野本三雄の『長崎・夢、確かなカタチに!』
2006年7月1日更新
【WHAT'S NEW】
豪雨で各地に被害が出ています。梅雨が明けてもしばらくは注意が必要のようです。
このホームページへのご意見ご質問をお待ちしております。どしどしお寄せください!
ご意見メールはこちらから

●毎月1日に更新される記事
トピックス (このページ)
大型天体望遠鏡のあるところ
夏休みは家族で星の観察をしましょう!
ブログ
リンク集はこちらに用意しております。
県政研究
重点事業を担当する県幹部の議会出席を強く要望したい
野本三雄の一問一答
”認定子ども園”をつくる法律ができるそうですが、どんな施設ですか?
活動報告
2006年6月

●お知らせがあるときだけ更新
後援会からのお知らせ
徳永清隆氏に後援会会長にご就任いただきました

【随時更新いたします】
これまでの記事
過去の記事見出しの一覧になっております。サイトマップとしても御利用ください。
議会質問検索
県議会の議事録は、翌会期の直前に更新されます。野本三雄の質問に関して、テーマ毎に議事録をリンクいたします。
なお、正式な議事録が出来上がるまでの間は、野本の質問項目一覧を掲載しております。

【固定記事です】
野本三雄のプロフィール
私の経歴や現職を紹介しています。
トピックス(このページです)
ブログ(最新版でご覧下さい)
県政研究
野本三雄の一問一答
活動報告
後援会からのお知らせ
これまでの記事(最新版でご覧下さい)
議会質問検索(最新版でご覧下さい)
野本三雄のプロフィール(最新版でご覧下さい)
2006年
7月号
(↑県民の森天文台)
(県民の森天文台)