今月のトピックス

長崎の夏はペーロンの季節
〜5月の「子どもペーロン」から

  7月の「全国ペーロン選手権大会」まで〜

三重漁港の子どもペーロン大会5月5日のこどもの日、三重の漁港で
「子どもペーロン大会」が開催されました。小中学生、父兄、町内会の応援の声が港に響きました。

参加8艇、優勝は京泊チーム。



これから7月の長崎港でのペーロン選手権大会まで、長崎・西彼半島の港々で訓練や予選レースのドラや太鼓の音と若者の姿が見られます。

“300年の伝統を誇る長崎の風物詩ペーロン”は、今年、長崎さるく博記念イベントとして「全国ペーロン選手権大会」が7月22〜23日(土・日)に開催されます。
ペーロン姉妹都市の兵庫県相生市、ハーリー船競争の沖縄や熊本県天草などの参加も予定です。

当日は、長崎市提供の無料応援観覧船が大波止ターミナルから出ます。出港時間は未定とのことですが、予約制ではないそうですので、早朝から出かけたほうが良いかもしれません。
詳細は長崎国際コンベンション協会095−823−7423まで。

*** ペーロン考 ***
琉球沖縄のハーリー(爬竜)船競漕は、14世紀に中国から伝わった。沖縄では旧暦の5月4日に航海安全と豊漁を海神に祈願のために行う。いまでは、長崎と同じで、レースを楽しむことが主体。ハーリー船の多くは、長崎のペーロンより小型。

長崎のペーロンは、長崎開港後だから琉球より後に始まった。中国の船乗りが嵐を静めるように海神に願って競漕したのを見て、市民が始めたのだそうだ。西暦紀元前300年頃、中国楚の国の名宰相屈原が世を憂えて、汨羅(べきら)の川に身を投じたのを救おうと村民が船を出したのに始まるという説もある。

兵庫県相生市のペーロンは、大正11年に長崎から移住した造船技師たちが伝えたもの。「相生ペーロン祭り」は毎年5月末開催。今年の相生の祭りには、長崎ペーロン大会の前年度優勝の香焼チームが参加予定。祭りは、写真コンクールやパレードがあり盛大。“道の駅あいおい白龍城(ペーロン城)”があり、地域起こしの主役になっている。

おおむらざくら 玄海つつじ 水仙 はまゆう あじさい かのこゆり 梅 つくししゃくなげ
長崎県議・野本三雄の『長崎・夢、確かなカタチに!』
2006年6月1日更新
【WHAT'S NEW】
今年は5月から雨が多いですね。みなさまお元気でお過ごし下さい!
このホームページへのご意見ご質問をお待ちしております。どしどしお寄せください!
ご意見メールはこちらから

●毎月1日に更新される記事
トピックス (このページ)
長崎の夏はペーロンの季節
〜5月の「子どもペーロン」から7月の「全国ペーロン選手権大会」まで〜
ブログ
リンク集はこちらに用意しております。
県政研究
議会質問レポートB長崎魚市場の活性化対策と活魚集散基地構想
野本三雄の一問一答
小学生も議会傍聴ができますか?
・・できます!

活動報告
2006年5月

●お知らせがあるときだけ更新
後援会からのお知らせ
野菊の会講演会での「アンケート」集計結果報告・多くのご意見をありがとうございました! 野本議員の政治活動の参考にさせていただきます!

【随時更新いたします】
これまでの記事
過去の記事見出しの一覧になっております。サイトマップとしても御利用ください。
議会質問検索
県議会の議事録は、翌会期の直前に更新されます。野本三雄の質問に関して、テーマ毎に議事録をリンクいたします。
なお、正式な議事録が出来上がるまでの間は、野本の質問項目一覧を掲載しております。

【固定記事です】
野本三雄のプロフィール
私の経歴や現職を紹介しています。
トピックス(このページです)
ブログ(最新号でご覧下さい)
県政研究
野本三雄の一問一答
活動報告
後援会からのお知らせ
これまでの記事(最新号でご覧下さい)
議会質問検索(最新号でご覧下さい)
野本三雄のプロフィール(最新号でご覧下さい)
2006年
6月号