6月10日は路面電車の日
           (↑写真:明治44年製造の木造車、168号車)

日本で始めて電車が走ったのは、1890年第3回内国勧業博覧会の東京上野公園で、5月4日だそうです。6月10日が記念日というのは、「ろ(6)めん でん(10)しゃ」の語呂合わせかもしれません。路面電車の日、長崎では168号車が走ります。

賑わいの街、生き生きした街、長崎らしい街づくりに“チンチン電車”は欠かせません。長崎の100円均一料金電車は全国唯一。 500円の一日乗車券は観光客にも好評で、長崎で“路面電車に乗る”ことが観光目的のひとつになっています。
トップページ(このページ)
【トピックス】6/10は路面電車の日
県政研究
【行政区域】21世紀の課題"道州制"は意識改革から
野本三雄のお約束
【女性の社会進出】長崎県から「女性のチャレンジ大賞」をめざしましょう!
後援会だより
【お知らせ】新しいリーフレットを作成します
【写真日誌】2005年5月
【コラム】「帰らざる須磨コレクション」の行方はいずこ?
(2005.6.1更新)
今月のトピックス
2004年
「これまでの記事」が、リニューアル前の記事もタイトルを選んでお読みいただけるようになりました。どうぞご意見をお寄せ下さい!
4月 第18号
都市交通の渋滞解消の面で、自家用車から公共交通機関(電車・バス・タクシー)への転換は急務です。

特に路面電車は、地球温暖化対策の面からも、自動車に比べて排気ガスが少ない都市交通機関として見直されています。

まず、赤迫から六地蔵までの150mの路線延長の実現を目指しましょう。