ホームへのボタン


県政研究へのボタン

チンチン電車・バリアフリー住宅へのボタン

長崎作り10の提言へのボタン

今月の雑感・自己紹介へのボタン

リンク集へのボタン

意見とコラムへのボタン・このページです






こんなご意見いただきました
ばくせいきの コラム・たわごと
ライン
タイトル:こんなご意見いただきました ご意見・ご質問など、
お寄せ下さい。
ご意見メールはこちら
メールは上の宛先へ!

ライン
タイトル:コラム・たわごと 佐賀干拓見物雑感
干拓は佐賀県に
学ぼうじゃないか!
(文:ばく せいき)


有明海の干拓は宿命
有明海は、佐賀県に面した海岸線が、毎年10mずつ海に向かって伸びていく。

「50年に1干拓」という言葉があるそうだ。昭和8年に始まった有明干拓は昭和44年に完成した。広大な干拓に40年かかった。自然浄化機能が大きい干潟に復元しようにも樋門を開けたら佐賀平野は水浸しになる。

レンコン畑は調整池かな
人口衛星写真を見ると、干拓地にキラキラと光っている場所が沢山ある。レンコン畑の池だそうだ。筑後川大堰の貯水量は550万トンもある。諫早干拓調整池と機能は同じだろう。

地下水の利用は止めたが良いようだ
干拓地はスポンジのようなものらしい。地下水を汲み上げると地盤沈下をする。ある町役場の床下は、乗用車の駐車場ができるほどの高さが沈下している。

干拓地で灌漑水の確保と水路整備に全力投入されるのが理解できる。

飛行場や遊園地になった干拓地
干拓地にできた有明佐賀空港のお昼時、綺麗なターミナルビル・フロァのお客さんは我々のみだった。なんと贅沢な殿様空港なのだろう。

駐車場料金は無料。東京で10日間仕事をして帰って来てもタダだ。周辺には4haの子供遊園地公園や多目的広場がある。飛行機YS11が展示されている。一日楽しく遊べる隠れた観光エリアだ・・・・。

隣町の干拓堤防の背後地にも広大な公園が工事中だった。干拓地だから利用は農地だと限定することはなさそうだ。

干拓地は豊穣の農地
「干拓地は塩分を含んでいるから農地に適しない」と思ったら、大違いだった。

米・いちご・たまねぎ・レンコンと佐賀の干拓地は豊穣の農地だ。諫早だけが例外、ということがあるだろうか。これは、農民の皆さんがご存知なのだろう、諫早干拓地の利用希望者は多いらしい。

干拓は佐賀県に学ぶべきだと感じた。


ライン

リストマーク ↓過去の記事は、こちらからお読みいただけます。 リストマーク

掲載号 内 容
2004年
6月
 コラム:たわごと
2004年
5月
 コラム:たわごと
2004年
4月
 コラム:たわごと
2004年
3月
 こんなご意見いただきました、コラム:たわごと
2004年
2月
 コラム:たわごと
2004年
1月
 コラム:たわごと
2003年
12月
 こんなご意見いただきました、コラム:たわごと
2003年
11月
 コラム:たわごと

   ページトップへのボタン