ホームへのボタン・このページです


県政研究へのボタン

長崎チンチン電車・バリアフリー住宅へのボタン

長崎づくり10の提案へのボタン

今月の雑感・自己紹介へのボタン

リンク集へのボタン


ご意見とコラムへのボタン
     野本三雄ホームーページ・長崎・夢、確かなカタチに!タイトルイメージ・長崎の昼と夜
        (更新:2004年2月1日)
ライン
リストマーク 【今月のトピックス】 
  長崎ランタンフェスティバルを楽しむ

1月22日から2月5日までの長崎ランタンフェスティバルは、長崎新地中華街の旧正月のお祝い“春節”が市民のまつりになったものです。
会場の出店では、ご近所のお店の皆さんが張り切って呼び込みの声をかけています。学園祭のような初々しさが新鮮に思えます。
まず、長崎市民自身が元気になれる。理想的な“祭り“のすがたではないでしょうか。

街路は1万個余のランタンに彩られています。
ま祖行列、皇帝行列が街を練り歩き、胡弓の演奏、中国獅子舞、蛇踊り、・・・
中国山西省からきた太原市雑技団も特設会場で花を添えていました。

湊公園会場には三国志の関羽を祭る“関聖帝君”があります。舞台の反対側“孫悟空の大きなランタン人形”のうしろ側になります。
関羽は日本の菅原道真公のように庶民の神様だそうで、中国の“関帝廟”は、いつも善男善女で賑わい、線香の煙が絶えないそうです。

その最大のご利益は“お金持ちになること”。お供え物は、豚の頭や鶏の丸焼きで、一年中お金に困らない、の意味が込められているのだそうです。
ここ湊公園の“関聖帝君”の前にも線香の煙が絶えません。わたしも線香を上げることにしました。“お金持ちになること”は、みんなの願いです。
ライン
リストマーク
【今月のNews】
2004年の年頭にあたり、1月23日開催の『野本三雄政経セミナー』と、その後行われた『野本三雄後援会新春の集い』では、後援会の皆様にあたたかい励ましのお言葉をいただきました。
新春の集いの様子は今月の雑感に掲載しております。
同時に開催されたセミナーの講演内容は、来月号でご報告するつもりです。

また、道路拡幅計画に基づき、事務所を移転いたしました。新事務所へもお気軽にお立ち寄り下さい。移転先は自己紹介でご覧下さい。

リンク集以外は全て更新されています!
リストマーク 【ご意見お待ちしています】
ご意見メールはこちらご意見・ご質問、何でも結構です。
左の宛先に、お気軽にメールをお送り下さい。
このホームページに掲載させていただけるよう、お願いをすることがあります。
ページトップへのボタン
ライン
Copyrights(c) Mitsuo Nomoto, It_daisy since 2003.11
ホームページ製作者IT編集室デイジーへのリンク  総合トップページへ